コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの焙煎度合いの種類と味の違い

コーヒーの焙煎度合いの種類と味の違い

いつもどんな焙煎度合いのコーヒーを飲んでいますか。浅煎りですか、それとも深煎りでしょうか。コーヒーは同じ銘柄でも、焙煎によって違う味わいを楽しむことができるのが特徴です。今日は「焙煎度合いによるコーヒーの味の違い」についてご紹介します。

焙煎度合いについて

焙煎度合いとは焙煎によって変化するコーヒーの煎り具合を表したもので、コーヒーの場合は全部で8段階に分けられています。

一般的に、浅い焙煎のコーヒーは酸味が強く、深い焙煎のコーヒーは苦みが強く感じられます。この味の変化は、生豆に含まれているさまざまな成分が焙煎時に化学変化を起こすことによって起こるといわれています。

コーヒーの8段階の焙煎度合いについて

8段階に分けられている焙煎度合いの名前と特徴をご紹介します。

coffee_8_roast_level

焙煎度合い

  • 1. ライトロースト

コーヒーにうっすらと焦げ目がついている状態です。豆の色は、黄色がかった小麦色で、香りやコクはまだあまり感じられません。

  • 2. シナモンロースト

シナモンのような色合いで、まだまだ浅い状態です。香りやコクよりも、豆の青さを感じることもあります。

  • 3. ミディアムロースト

コーヒーが茶褐色になっている状態です。この焙煎度合いは、軽い味わいなので、アメリカンコーヒーなどに用いられることが多いです。

  • 4. ハイロースト

ミディアムよりも濃い茶褐色になっている状態です。レギュラーコーヒーとしてよく使用されている焙煎度合いです。

  • 5. シティロースト

はっきりとしたコーヒーブラウンの状態です。最も標準的な焙煎度合いですが、エスプレッソに用いられることもあります。

  • 6. フルシティロースト

ダークブラウンの状態です。アイスコーヒーや炭焼コーヒー、エスプレッソなどに用いられることもあります。

  • 7. フレンチロースト

少し濃い目のダークブラウンの状態です。苦みと独特の香りが楽しめるので、ミルクと合わせるメニューに用いられる焙煎度合いです。

  • 8. イタリアンロースト

色は黒に近いダークブラウンの状態です。強い苦味と濃厚な味わいで、昔はエスプレッソやカプチーノに、用いられていた焙煎度合いです。

焙煎度合いの基準

実はコーヒーの焙煎度合いは、これぐらい焼いたから「ハイロースト」などという基準が定められているわけではなく、お店毎に異なる相対的な焼き加減の指標なのです。

例え全く同じ豆を使っていたとしても、A店のシティローストよりも、B店のハイローストの方が深煎りに見えるということもありえます。

コーヒーの香味について

コーヒーの香味は、生豆の産地や品質によって変わりますが、最終的においしコーヒーとして楽しめるのかどうかは’焙煎’にかかっています。焙煎機の熱源によっても煎り上がりの特徴は変わりますが、生豆の特徴を活かした焙煎を施されているコーヒー豆こそが、おいしい一杯のコーヒーになり、愛飲家を楽しませてくれるのです。

自分の好きな焙煎度合いを見つけよう

自分の好きな焙煎度合いを知れば、はじめてのお店でコーヒー豆を購入する時や、自分自身の好きな傾向のブレンドを知ることができますよ。

焙煎度合いを知るために、まずは同じ銘柄でいろんな焙煎度合いのコーヒーを飲むことからはじめるのがおすすめです。

浅煎りが好きな方は、明るい色のコーヒー豆を、深煎りが好きな方は、濃い色のコーヒー豆から試すのが良いでしょう。

ブレンドだと、豆の種類が混ざってしまいわかりにくいので、単一銘柄のほうが、焙煎度合いによる違いに気がつきやすいですよ。

焙煎度合いによるコーヒーの味の違いとは?まとめ

焙煎度合いによるコーヒーの味の違いとは、焙煎によってコーヒー成分が化学変化を起こすことが原因です。

コーヒーの焙煎度合いは一般的に8段階に分けられていて、浅い焙煎のコーヒーは酸味が強く、深い焙煎のコーヒーは苦みが強く感じられます。

よりおいしいコーヒーを楽しむためには、コーヒーの品質はもちろん、焙煎の熱源、焙煎度合いの全てが、その生豆に合ったものであることが大切です。

自分の好みの焙煎度合いを見つけるには、単一銘柄のコーヒーで試飲すると、違いがわかりやすいのでおすすめですよ。毎日のコーヒータイムをもっと楽しみましょう。

 

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。