コーヒーをもっと趣味に

コーヒーで吐き気が起きた時の原因と対処法

コーヒーで吐き気が起きた時の原因と対処法

飲料としても、カフェインによる覚醒効果にしても私たちの生活に欠かせないコーヒー。仕事の休憩時やリラックスタイムに飲んでいる方は多いでしょう、飲みながらでないと仕事に集中出来ないとい方もいるかもしれません。

様々な方に飲まれるコーヒーですが、飲んだ後に「気分が悪くなった」「吐き気がする」「胃がムカムカする」などの症状がある方もいるのではないでしょうか。

なぜコーヒーを飲むことで吐き気が起こるのでしょう。吐き気の原因と対処法をこの記事では紹介していきます。

なぜコーヒーで吐き気が起こるのか

インスタントコーヒーだから、ブレンドコーヒーだから、カフェオレだからなど色々なことを心配されている方もいますが、その多くはコーヒーの成分の「カフェイン」に起因するケースが多いです。

カフェインによる胃の活性化が原因

吐き気が起こる原因として考えられるのは、コーヒーに含まれる「カフェイン」の影響である場合が多いです。カフェインには胃液の分泌を促進させ、脂肪の分解をする「リパーゼ」を活性化させる作用があるとされています。

胃液の過剰分泌

本来ならば消化を助ける効果を得ることができますが、摂取しすぎることで胃酸・胃液が過剰に分泌され吐き気を起こす原因になるとのこと。

また、想像に固いように、空腹時に胃液の分泌を促してしまうことによっても吐き気を催してしまう原因にもなります。寝起きの一杯にブラックコーヒーは控えた方が良い、と言われているのはこの説に起因しています。

興奮状態の副作用、神経障害が原因

神経障害という名を聞くとちょっと怖くもありますが、カフェインの作用によって起こる興奮状態の副作用、と言うと分かりやすいかもしれません。

自律神経への負担

コーヒーのカフェインには、交感神経を刺激して興奮状態にする働きがあると言われています。必要十分以上のカフェインの摂取は興奮状態を超え、自律神経に大きく負担をかけることになります。

自律神経とは、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っているため、交換神経が乱れることで体内器官が正常な働きができなくなり、結果として吐き気を引き起こすことがあります。

コーヒーの酸化が原因

酸化した豆を使用したコーヒーが原因になることもあります。コーヒーには元々抗酸化作用と呼ばれる効能があるとされていますが、そのコーヒー自体も酸素に触れている状態が続くことで”酸化”してしまいます。

酸っぱいと感じるコーヒーは注意

酸化したコーヒーの特徴は”酸っぱいこと”です。浅煎りに見られるフルーティな酸味と混同しやすいので分かりにくいかもしれませんが、「不味い」と感じる酸っぱさを感じた場合、酸化してしまっている場合が多いので注意しましょう。

例えば、賞味期限切れのインスタントコーヒーを飲んでしまったとき。または蓋をせずに保存し、豆が酸化してしまったものを飲んだときに吐き気を引き起こすこともあります。

コーヒーによる吐き気の対処法

コーヒーの飲み過ぎが原因で、吐き気がしたときに効果的な対処法をご紹介します。

生姜湯を飲む

すりおろした生姜小さじ1(もしくはチューブ少量)に熱湯を100ccほど入れて飲みます。胃の調子を整えるほか、体がポカポカしてくる効果がありますので、気持ちが安らぎ楽な気持ちになれます。

食事を摂取しない

コーヒーの飲み過ぎで胃が荒れ、吐き気がするときに有効な対処方法です。それ以上胃を荒らすのを避けるため、重い食事を控えることが大切です。空腹時には胃に優しいお粥や消化の良いものを試してみましょう。

深呼吸をする

深呼吸をすることで胃のリズムを改善します。意識して深く呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えて、心の落ち着きや集中力を高める効果が期待できます。

ストレッチ・体を温める

深呼吸同様に自律神経を整えることが、心の落ち着きや体調を整えることにつながります。カフェインを摂取しすぎた交感神経優位の際は、興奮状態ではある一方で、一般的に血液の流れは悪くなるものとされています。

ストレッチなどで体を温めることで副交感神経を刺激し、自律神経を整えることで、体調、ひいては吐き気を押える方法の一つです。

水を大量に飲む

コーヒーを飲み過ぎることでカフェインを大量に摂取してしまいます。水を大量に飲むことにより、体内のカフェイン濃度を薄めて吐き気が和らぐ場合もあります。しかし、冷たい水は逆効果になりますので、温かい飲み物を飲んでください。

コーヒーによる吐き気の予防・対策

胃の形や分泌力、成分が体にどう働くかは、人それぞれです。まず自分はどれぐらい飲むと吐き気が出てきてしまうのかという線引きを自分の中でまず作ることが大切です。

個人差もありますがコーヒーは1日に3杯程度にし、空腹時に飲むことや、短期間に過剰摂取することを控えることで吐き気を抑えることができます。また、コーヒーを飲む際、牛乳を入れることで胃の粘膜が荒れるのを抑えるのも効果があります。

吐き気を感じない飲み方を探してみよう

そのほかにも普段飲んでいるコーヒーを、タンポポコーヒーなどのノンカフェインコーヒー・デカフェに変えることで、吐き気を抑えることもできます。

体調によってはどうしても合わない方もいると思いますので、お茶・紅茶など別の飲み物を試して見てもよいかと思われますが、こちらも合わなかったという場合はカフェインが原因である可能性が高いので、そういった場合もやはりデカフェを試してみることをおすすめします。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!