コーヒーをもっと趣味に

世界一希少な”luwak coffee”の飲み方

世界一希少な”luwak coffee”の飲み方

「死ぬまでに一度は飲みたい」と言われるコーヒーをご存知でしょうか。日本ではluwak coffee(ルアク・コーヒー)とも呼ばれる、希少価値の高いコーヒーの飲み方をご紹介します。

luwak coffeeとは

luwak coffeeとは、完熟したコーヒーの実を食べた野生のジャコウネコの糞から採取される、未消化のコーヒー豆から作られたコーヒーです。インドネシアのジャワ島が原産で「kopi luwak(コピ・ルアク)」とも呼ばれます。インドネシア語でコピ(kopi)はコーヒー、ルアク(luwak)はマレージャコウネコ(イタチ科)の現地での呼び名を意味しており、「ジャコウネココーヒー」とも言われています。

ジャワネコの体内を介した独特な味わいのコーヒー

ジャコウネコが食べたコーヒーの実の果肉部分は消化されますが、コーヒー豆になる種子の部分は消化されずに糞とともに排出されます。このコーヒー豆がジャコウネコの腸内の消化酵素や、腸内細菌による発酵作用によって、独特な香りと味わいになるそうです。

大量生産の難しい希少なコーヒー

生物の糞から採集するという特性からわかるように、大量に生産することは難しく、日本のホテルラウンジでは1杯5,000円以上することもあるような高価なコーヒーです。インドネシア以外にもフィリピンや南インドでも生産されています。

luwak coffeeのはじまり

luwak coffeeの始まりは17世紀にまでさかのぼります。1699年にオランダ人によってジャワ島にコーヒーの苗木が持ち込まれ、インドネシアではコーヒーのプランテーションが盛んになりました。しかしコーヒー豆は高価な輸出用で、現地の人はコーヒーを飲むことを禁じられていました。そのような中で、野生のジャコウネコの糞に残った未消化のコーヒー豆を発見し、拾い集めて飲むようになったそうです。

現在では流通量が増えたluwak coffee

現在では、ジャコウネコを飼育して生産するようになったため、流通量は増え、世界中で飲めるようになりました。しかし、野生のジャコウネコを介したものの方が味わいもよく、最高級品とされているのは事実です。

luwak coffeeの飲み方

インドネシアではフィルターを使わずカップのコーヒー粉に直接お湯を注ぎ、コーヒー粉が沈殿するのを待ってから上澄みを飲むという飲み方が主流です。そのためインドネシアで手に入るluwak coffeeは超極細挽きで、それは日本で見られる極細挽きよりも細かく、小麦粉のようなパウダー状になっています。ここではインドネシア流のluwak coffeeの飲み方をご紹介します。

luwak coffeeの飲み方手順

1.コーヒーカップ1杯分で大さじ2杯くらいのコーヒー粉(約10g)をカップ入れます。
2.カップに入れた粉の上から、直接お湯を注ぎ入れます。粉はお湯に溶けるわけではありませんので、しばらくは表面に浮いています。砂糖やクリームを入れるならば、この状態のときに入れてかき混ぜてください。
3.そのまま静かに置いて数分間待つと、粉は下に沈んでいきます。(沈殿する前に飲み始めてしまうと、口の中にコーヒー粉が入ってしまうので注意してください)
4.粉が完全に沈みきれば完成です。上澄みだけを上手に飲んでください。

※飲み進めてカップの底に近付くと、溶けきらなかったどろどろなコーヒー粉の残渣が出てきます。適度なところで飲むのをやめ、残りは捨てましょう。

luwak coffeeの楽しみ方

luwak coffeeの中には、伝統的な超極細挽き以外のコーヒー豆も販売されています。挽き方を変え、ペーパードリップやネルドリップ、フレンチプレスなどで提供しているコーヒー店もあります。現地の飲み方にならったものと、普通のコーヒーのように淹れたものを飲み比べるのも、贅沢な楽しみ方ですよね。また、自宅で簡単に楽しめるドリップパックタイプの物も販売されています。

luwak coffeを使ったリキュールも

また、luwak coffeeと日本酒を合わせた珍しいコーヒーリキュールも販売されていています。こちらも高価ではありますが、コーヒー好きだけではなくお酒好きの方へのギフトにもオススメです。

世界一希少なluwak coffeeの飲み方まとめ

luwak coffeeは一般的なコーヒーより値は張りますが、独特な風味と味わい深いコクは他のコーヒーと一線を画しています。コーヒー好きの方であれば、ぜひ一度luwak coffeeに挑戦してみてはいかがでしょうか。まずは、インドネシア流の飲み方をおすすめします。コーヒー粉の沈殿に時間がかかりますので、時間に余裕がある休日の朝などに楽しむのがオススメですよ。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!