コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Volluto Decaffeinato(ヴォリュート・デカフェ)

【ネスプレッソ】Volluto Decaffeinato(ヴォリュート・デカフェ)

ネスプレッソのカプセルコーヒー、今回はデカフェをご紹介。Vollutoのデカフェバージョンだからといって、あなどってはいけません。

実は、通常のVollutoより場合によっては美味しく飲むこともできるのです。デカフェだから味は劣るというのは、昔の話。カフェインのないところが、むしろ良さだったりします。

「Volluto Decaffeinato」の注目ポイント。

  • 通常のVollutoよりも軽やか
  • 夜にピッタリの味とカフェインレス

Vollutoより緩やかなDecaffeinato

甘みは無論、Vollutoと同じように堪能できます。しかし注目すべきポイントは「軽やかさ」です。

軽やかさの点でいうと、通常のVollutoより優れているので、カモミールやジャスミンのような軽くて甘い印象のコーヒーに仕上がります。これはカフェインゼロだからこそかもしれません。

カフェインレスかどうかにかかわらず、シチュエーションによっては通常のVollutoより合うかもしれません。

砂糖との相性

砂糖を加えると、甘いハーブティーのようなウットリした感触がします。

このデカフェのVollutoが持つ軽やかさを活かすためにも、砂糖はあえてグラニュー糖や上白糖を選んでみるのがオススメです。黒砂糖などの風味を持つものは、深みが加わってしまうことで、せっかくの軽やかさが損なわれている印象を受けます。

ただし蜂蜜に関しては、濃厚なものを除いてあっさり・爽やかな香りの物を選ぶと相性がよさそうです。

ミルク・クリームとの相性

ミルクに関してのオススメは2通り。

1つ目は通常の(乳脂肪分3.6%前後)牛乳を用いることで、甘くて丸いカフェラテに仕上げる方法です。ゆったり寛ぎたいなという時は、甘くてフワフワした軽さは絶妙です。

2つ目は低脂肪乳です。低脂肪乳は軽やかですので、デカフェのVolluto の持ち味を生かしたカフェラテになります。

こちらは、ゆるりとした気分に浸りたい時にオススメです。また気分転換に、2・3口でクイッと飲み干すカフェラテにも最適です。意外かもしれませんが、牛乳より低脂肪乳がオススメです。

Vollute Decaffeinatoの美味しい飲み方

こんな時にオススメ

  • ゆったり過ごしたい夜に
  • 刺激の弱いものを飲みたい時に

ゆったりカフェラテ“+α”

先程ミルクとの相性が優れているとお話ししましたが、せっかくなので、そこに+αしてみませんか?

甘さと軽やかさがポイントのVollutoですから、アレンジも甘く落ち着いたものがオススメです。スタンダードなものですと、蜂蜜やバニラオイルなどですが、こちらの記事のように、メープルシロップやマロンペーストを使ってみるのも面白いでしょう。

カフェインレスメープルコーヒーの作り方【デカフェのレシピ】

カフェインレスマロンミルクコーヒーの作り方【デカフェのレシピ】

軽やかさのVolluto Decaffeinato

甘くてゆったりしたVollutoに、デカフェによる苦味の弱さが加わっている所は、捉え方によっては飲みやすさというメリットでもあります。「デカフェだから……」と思っている方にも一度飲んでいただきたいカプセルコーヒーです。

その軽やかさと甘さは、カフェインの有無にかかわらず、時々飲みたくなってしまいます。ネスプレッソのデカフェカプセル、ぜひ試してみてください。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。