コーヒーをもっと趣味に

カプチーノはどんな時におすすめ?

カプチーノはどんな時におすすめ?

ふわふわのミルクが特徴的なコーヒー、カプチーノ。日本でも人気のあるカフェメニューのひとつですよね。どのような場面でカプチーノを飲むと良いか。今回は、おすすめのシチェーションについて考えてみました。

フォームドミルクがポイントのカプチーノ

カプチーノの上層部にあるふわふわのミルクは、フォームドミルクと呼ばれるもの。きめ細かい泡になるほど美味しいカプチーノだと言われています。カプチーノに使うコーヒーはエスプレッソなため、高濃度で苦味が強めです。

カプチーノは“泡を楽しむ”エスプレッソ

配分はエスプレッソ:温めたミルク:フォームドミルクが1:1:1と等分となっており、ラテと比べ泡立てかさましされたフォームドミルクの分、苦味の強い風味になっています。ビターな味わいを楽しみたい場合、ラテよりもカプチーノの方がおすすめです。

夜にカプチーノは変?

日本では、食後や夜の深い時間帯でも飲酒後の口直し的に飲まれることが比較的多いカプチーノですが、イタリアでは「カプチーノは朝に飲むもの」という認識が強いようです。イタリアのカフェ(バル)で、朝の時間帯以外にカプチーノを頼むと店員に怪訝そうな顔までされてしまうのだとか。

しかし、それはあくまでイタリアの文化。日本では飲みたい時に飲んでもちろん構いません。夜にまろやかなカプチーノを飲んでリラックスする感覚は、ホットミルクを飲んで落ち着く感覚に似ています。好きな時に好きな物を飲むのが正しいのです。

カプチーノの楽しみ方

とはいえ、他のコーヒーと比べ特徴的な飲み方ができるカプチーノ。どんな時に飲むとより楽しめるのか、以下の考察を参考に自ら試してみましょう。

朝食時(カプチーノ本来の楽しみ方)

上記のように、エスプレッソの本場イタリアではカプチーノは朝飲むものとして定着しています。ならば本場の飲み方を見習って、朝食のお供として楽しんでみましょう。

カプチーノ本来の楽しみ方は、まずはフォームミルクをスプーンですくって“泡だったふわふわのミルク”を楽しみます。そして、フォームドミルクの上に砂糖をかけ、溶ける前にクイッと飲み干します。

まろやかな飲み口を楽しみ、エスプレッソの苦味を感じ、底に残る甘苦い砂糖とエスプレッソのハーモニーを楽しむ飲み方です。

ちなみに、イタリアではカプチーノとともに朝食や甘めのパンを楽しむのが一般的のようですよ。

休憩中(泡・苦味・甘味の特性を生かす)

カプチーノのその特性上、休憩中に楽しむ一杯としても非常におすすめです。エスプレッソをベースとしているため、その苦味は気分をリフレッシュさせてくれ、休憩後の気分転換にうってつけです。

その上、ミルクには気分を落ち着かせてくれる効果があり、口当たりふわふわのフォームドミルクが加わることで、一息つきたい時のコーヒータイムとしてもとっても優秀です。

また、砂糖をたっぷりと加えて飲むことも多いため、休憩後の集中力向上にも効果的。ある意味、カプチーノは日本に住む方々の働き方にうってつけの淹れ方とも言えるのです。

アレンジも楽しめる

カプチーノにひと手間加えることで、いつもとは違う味わいを楽しむこともできます。イタリアなど、エスプレッソの本場の国々では、コーヒーの飲み方は多様とも言い切れないほど数多くあります。シロップや、ミルクを変えて自分の好みのアレンジをしてみるのもカプチーノの飲み方探しのひとつですよ。

カプチーノをさらに美味しくするカスタマイズ術

カプチーノをさらに美味しくする美味しくするカスタマイズ術

ふわふわミルクのカプチーノは実務的な飲み方もおすすめ!

フォームドミルクの食感が特徴的なカプチーノは、本来の楽しみ方を知っているだけで、飲んでいて楽しくなるコーヒーです。しかし本場イタリアの楽しみ方だけでなく、その特性に倣った“仕事向き”なコーヒーでもあります。

おすすめシーンとして朝食時はもちろん、休憩時のリラックス的に、気分転換的に、休憩後のもう一踏ん張りに効果的なコーヒーとして選んでみるのもいいかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!