コーヒーをもっと趣味に

アメリカンはどんな時におすすめ?

アメリカンはどんな時におすすめ?

 

アメリカンコーヒーといえば「薄めでお茶みたいなコーヒー」と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、アメリカンはただ薄いだけのコーヒーではありません。

ここでは、アメリカンコーヒーを飲むにおすすめなシチュエーションについて見てきましょう。

アメリカンコーヒーの特徴

アメリカンコーヒーは、焙煎の浅い豆を使って作るスッキリとした後味を持つコーヒーです。多めのお湯で淹れることから薄めに仕上がっていますが“ただ薄い”というコーヒーではありません。

アメリカンは焙煎度の浅いコーヒー

焙煎の弱いアメリカンロースト(ミディアムロースト)やシナモンローストなどの浅煎り豆を使っていることもあり、苦味が少なく酸味が強めなのが特長です。のど越しがスッキリしており、日本ではポピュラーな飲み方とされています。

「アメリカンはブラックで飲む」は間違い?

アメリカンコーヒーはブラックで飲むもの、という認識が日本にはあります。しかしながら、本場アメリカでは多くの方がミルクや砂糖を入れて楽しんでいるようです。

アメリカンの爽快な飲み口が、深煎りのブレンドやエスプレッソにはない魅力のひとつだからなのでしょう。

アメリカンにふさわしい水とは

アメリカンのスッキリとした風味を活かすためには、のど越しがよく飲みやすい“軟水”を使うことが望ましいとされています。マグネシウムやカルシウムなどの含有量が少ないため、サラッとした飲み口になり、酸味が際立つアメリカンにはうってつけなのです。

アメリカンはどんな時におすすめ?

眠気を解消したい時

コーヒー豆のカフェインは、焙煎を進めるごとに少なくなっていきます。つまり、焙煎の浅い豆を使っているアメリカンコーヒーは、通常のコーヒーに比べカフェインが多く含まれているのです。

また、アメリカンコーヒーはゆっくりと抽出するため、豆のカフェイン成分が多く溶け出すとされています。

カフェインを多く含むアメリカンコーヒーは、眠気を解消する時にピッタリです。仕事中や徹夜をしなくてはならない時など、眠いと感じた時は日本流にブラックで飲むと良いでしょう。その反面、睡眠の妨害にもつながるので飲むタイミングには注意が必要です。

サッパリとしたい時

酸味が際立つアメリカンは、さっぱりしたい時に飲むのにもおすすめです。“お茶のようなコーヒー”と言われているように、デイリーユースのコーヒーとして飲まれることが多いアメリカン。エスプレッソなどとは異なり、スルスルと飲み進めていくことができます。

気分がもやもやしている時には、外の空気を吸いつつアメリカンコーヒーを口にすると気分が晴れやかになり、仕事や勉強により集中することができますよ。

焼き菓子にあわせる

飲みやすくスッキリとしているのがアメリカンの最大の特徴です。そのため、アメリカンコーヒーのおすすめのフードペアリングとして、クッキーなどの軽い焼き菓子は非常によく合います。

甘みが強すぎるスイーツだと物足りずあまりいいバランスとは言えませんが、クッキーやドーナツなど軽めのスイーツになら、酸味に特徴があるアメリカンはぴったりです。口の水分を吸われる焼き菓子にはちょうどよいコーヒーなのです。

アメリカンコーヒーはリセットコーヒーとして優秀!

ただ薄いコーヒーだと思われがちなアメリカンコーヒーですが、口当たりスッキリとした飲み口は、気分を一新してリフレッシュしたい!というときにうってつけ。浅煎りゆえにカフェイン含有量が多めなので、眠気覚ましにもぴったりです。

飲みやすいので、デイリーユースのコーヒーとして飲まれる方もいるようです。文字通り、「お茶代わり」としてアメリカンを飲んでみても良いかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!