コーヒーをもっと趣味に

塩コーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

塩コーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

塩を使ったソルティフレーバーコーヒーを自宅で楽しみたい!という方のために、自宅でできる‘簡単塩コーヒーの作り方’を紹介します。

塩について

塩は、塩化ナトリウムを主な成分とし、海水の乾燥・岩塩の採掘によって生産されます。調味料や保存の目的で食品に使用され、主に岩塩・海塩・海水・湖塩の4つの原材料から作られています。日本で生産される塩は、海水を原料としているものがほとんどです。

塩の効果

塩には、身体を温めて代謝を上げる効果や殺菌効果があると言われています。ミネラルも豊富に含まれているため、自立神経を整える働きも期待できます。

また、もともとコーヒーには脂肪を脂肪酸に変化させ、血中に放出させる効果があるので、ダイエットにもいいと言われています。そこに代謝機能を高める塩を加えることで、より効果を得ることができるとされているのです。

コーヒーセレモニー

コーヒーセレモニーとは、エチオピアの伝統的な習慣で、コーヒーを飲むことを儀式化した作法の一つ。日本の茶道のような文化的な習慣で、他者に対する感謝と、おもてなしの精神を表すものです。

女性が執り行う儀式で、結婚前の女性が身につけるべき作法の一つでもあります。コーヒー生豆を煎るところからはじまり、客人は3杯飲むのが正式。2杯目のコーヒーに塩を入れて飲む習慣があります。

塩コーヒーのレシピ

  • 塩:軽くひとつまみ生クリーム 仕上げ用
  • ドリップコーヒー1袋

1材料

ドリップコーヒーをカップにセットし抽出する

2ドリップコーヒーを作る

コーヒーに塩を少々加える

3塩を入れる

よくかき混ぜ生クリームをトッピングし完成

4完成

インスタントコーヒーで作ると味わいが濃くなる場合があるので、ドリップコーヒーで作るのがおすすめです。塩は入れすぎないようにしましょう。

味わいなめらかに

コーヒーの苦味がやわらぎ、すっきりとした味わいになります。塩は、コーヒーの酸味を旨味に変え、舌触りのなめらかなコーヒーにしてくれます。とはいえ、塩の量が多すぎるとしょっぱいコーヒーになってしまうので、味見をしながら加えていくようにしましょう。

トッピングに生クリームを加えると、甘さ控えめのおいしい一杯になります。

塩コーヒーon生クリーム

塩コーヒーの作り方まとめ

家庭にある調味料で簡単にフレーバーコーヒーを楽しめます。塩は、コーヒーの酸味を味わい良くひき立ててくれる他、香りを引き立たせてくれる効果もあります。

ひとつまみの塩をさっと振るだけの簡単アレンジなので、気分によっては生クリームなどを入れて飲み方を変えてみるのも楽しみ方のひとつです。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。