コーヒーをもっと趣味に

コーヒーによる血管年齢への効果

コーヒーによる血管年齢への効果

様々な健康効果があると言われているコーヒーですが、実は血管年齢にも効果があることを知っていますか?もしも、コーヒーを飲むだけで血管が若返るのなら、今日からすぐにでもコーヒーを常飲したいものですよね。

今回は、コーヒーがもたらす血管年齢への効果について見ていきましょう。

加齢による血管の変化について

血管は加齢にともない硬くなっていき、血管壁が厚くなるため詰まりやすくなると言われています。血管の老化には、塩分の摂り過ぎや高脂肪食、飲酒などの食生活による影響や、喫煙、ストレスからも大きな影響を受けると言われています。

また、血管の老化には年齢が関係ないという説もあり、中高年になってから突然症状があらわれることもあるようです。

血管の病気はサイレントキラー

血管の病気は自覚症状がないまま進行する“サイレントキラー”と言われています。「疲れやすい」「肩こりがひどい」「冷えを感じやすくなった」等の症状を感じたら、自分の血管から発せられている危険信号かもしれません。

体調に不安に感じたら、医療機関で血管年齢を調べてもらうと安心です。

コーヒーは血管に良い?

良くも悪くも様々な健康効果をもたらすコーヒーですが、血管に対しても影響があるとされています。コーヒーに含まれる”クロロゲン酸”には、生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制する働きがあるとされており、1日3杯程度コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べ血管がやわらかいという研究結果が出ているそうです。

1日どれぐらいコーヒーを飲めばいい?

1日に飲むコーヒーの量は1~2杯がおすすめです。コーヒーにはクロロゲン酸の他に、ご存知の通り”カフェイン”も含まれています。どちらも成人病の予防効果が期待できる成分なので、毎日飲むことをおすすめします。

ただし、カフェインには覚醒作用と利尿作用の効果もあるので、過剰に効果を感じてしまう人、もしくはカフェインが苦手な人は身体の調子を見つつ飲むようにしましょう。

また、飲む時は砂糖を入れずにブラックで飲むようにしましょう。わざわざ血糖値をあげる必要はないですものね。

食事で血管力を高めることが可能

チョコレートで楽しむグァテマラ_フードペアリング

赤ワインや玉ねぎ、クルミ、ダークチョコレートには、血液をサラサラにしてくれる効果と、血管を柔らかくしてくれる効果があると言われています。食事のメニューに積極的に取り入れ、塩分を控えたバランスの良い食事を心がけることが血管力を高める近道です。

また、血管年齢を若く保つ秘訣は、食事の他にも質の良い睡眠をとること、有酸素運動やストレッチを取り入れ身体を動かすこと、タバコを吸っている人はもちろん禁煙をおすすめします。ストレスも血管の老化を加速させてしまうので上手に解消することが大切です。

フードペアリングで楽しみながら良い効果を

どうせなら、楽しみながら身体への良い効果を得ていきたいものです。そこでおすすめなのが“フードペアリング”です。フードペアリングとは、コーヒーと相性の良いお菓子やスイーツなどを食べ合わせることを言います。

上記に挙げたように、「コーヒー」を楽しみつつ「チョコレート」で血管力の向上をさらに高め「リラックス」することでストレス解消にもつながります。

なんだ、そんなこと…と思うかもしれませんが、そういったささいな相乗効果が血管年齢の若返りにつながるかもしれませんよ。もちろん、言わずもがな食べ過ぎには注意です。

1日1〜2杯のコーヒーが血管年齢の若返りに

コーヒーに含まれる抗酸化作用が血管の老化を防ぐとされており、1日1~2杯飲むことで血管年齢の若返りにつながると言われています。さらに、血管に良い食材の中から、クルミやダークチョコレートを一緒に摂ることで、血管年齢の若返りにさらにアプローチできるのでおすすめです。

血管の老化を防ぎ若さを保つためには、まずは規則正しい生活や適度な運動、バランスの良い食事を心がける事を大前提とした上で、コーヒーの相乗効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!