コーヒーをもっと趣味に

カフェインレスコーヒーの効果について

カフェインレスコーヒーの効果について

コーヒーの薬効成分と言えばカフェインを思い浮かべる方が多いと思います。カフェインには様々な効能がありますがここでは、そのカフェインを90%以上除去したカフェインレスコーヒーの効果について説明していきます。

コーヒーの効果

まず初めに、コーヒーの効果についてあげていきます。( )内は、コーヒーに含まれる成分です。

上から4つまでは、カフェインを除去しても残る成分なのでカフェインレスコーヒーの効果としてもあげられます。

クロロゲン酸とカフェインの効果

  • リラックス効果。
  • 糖尿病の予防。
  • 血液サラサラ・血管を若く保つ。
  • 体のさび付きを抑え、がんを予防する。

健康・美容などへの効果

  • 肥満を防ぐ。
  • 集中力が高まる。
  • 高血圧の方には、血圧を下げる作用がある。
  • 血流を良くする。朝が苦手な低血圧の方でも体を動かしやすくする。
  • 脂肪燃焼効果。ダイエット効果をあげる。

主にカフェインによる効果

  • 気管支拡張
  • 利尿作用
  • 血管収縮作用
  • 脳神経を刺激し興奮状態にする

このように、たくさんの効果があげられます。特に、カフェインによる効果はとても魅力的で、カフェインあってこそのコーヒーと感じられるかもしれません。

カフェインのデメリット

しかし、カフェインをとることのデメリットもあります。

次にカフェインのデメリットについてあげていきます。

  • 胃液を多く分泌してしまい、空腹時に飲むと胃を荒らしてしまう。
  • 依存性がある。
  • 鉄の吸収を阻害するので貧血の人は注意が必要。
  • 夜に飲むと良質な睡眠がとれなくなる。
  • 成長ホルモンの分泌を抑えてしまう。
  • メラニン色素を拡散させるのでシミを増やしてしまう。
  • PMSを悪化させる。
  • 妊娠中に摂取すると赤ちゃんに悪影響を及ぼす事がある。
  • カフェインは、妊産婦や胃炎治療中の方、パニック症候群の方や抗うつ薬を服用している方、小児の場合、心身に悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要といわれています。

カフェインレスコーヒーはリスクなく飲める

しかし、カフェインレスコーヒーはカフェインを90%以上除去しているので注意が必要な方でも安心して飲むことができます。

高血圧や低血圧に効果あり

また、最近の研究では、コーヒー特有の香り成分や苦み物質などに自律神経活動を高める効果があるのではないかという研究結果が得られています。

カフェイン以外の成分で自律神経を高めるこということから、高血圧、低血圧への効果はカフェインレスコーヒーでも得られることができます。

ダイエット効果も認められた

他にも、カフェインレスコーヒーは、脂肪の代謝を高めることも研究の結果から認められたそうです。カフェインの効果としてあげていた脂肪燃焼作用もカフェインレスコーヒーで得ることができます。

カフェインレスコーヒーの効果まとめ

このことから、カフェインを摂取することで得ることができると思っていた効果が、カフェインレスコーヒーでも得ることができるということになります。

デメリットが除去されたと捉えれば夜に飲んでも良質な睡眠が阻害されない。シミを増やす心配がない等々カフェインのデメリットを気にせず飲むことができます。

コーヒーが大好きなのに、カフェインを気にしてコーヒーを我慢していた方も、カフェインレスコーヒーで安心してコーヒーの効果を味わってみてはいかがですか?

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!