コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Arpeggio(アルペジオ):エスプレッソ

【ネスプレッソ】Arpeggio(アルペジオ):エスプレッソ

ネスプレッソのカプセルコーヒーを、フレーバー別に特徴と飲み方を紹介していきます。今回のカプセルは「Arpeggio(アルペジオ)」です。

ギターやピアノなど楽器を扱う方は、演奏方法のアルペジオを創造するかもしれません。そのアルペジオのように、流れるようなスムーズさと深みを持っています。

飲んでみるとアルペジオの意味が見えてくる、そんなコーヒーなのです。

「Arpeggio(アルペジオ)」の注目ポイント。

  • ビターで滑らかな風味
  • しっくり来るコクに、繊細さと深み

Arpeggioの風味

Arpeggio(アルペジオ)は「滑らか→ビター」へと続く面白く、しっくりくるコーヒーです。

滑らかな飲み口から、深く豊かなコクが広がりを見せます。豊かなコクは立体的で、そこから程よく透明感のある苦みが効いてきます。そして余韻のビターさは、何とも言えない心地よさを生み出しています。

コクの深さは単純なものではなく、マンデリンに見られるような繊細複雑なものです。そんなコクを持ちながらも、クリーミーに流れるところがアルペジオの醍醐味です。

砂糖との相性

アルペジオの面白いところは、砂糖の「量」を調整することで変化する風味。

通常は砂糖を、溶け残るくらいドッサリ加えたいところですが、あえて控えめに加えてください。すると砂糖の甘さに、絶妙にアルペジオのビターさが効いてきます。一方で砂糖を多めに加えると、煮詰めた黒砂糖のようなコクを含んだ甘味がします。

初めは砂糖を控えめにして、最後に再び砂糖を加えて飲むと、ビターさと甘々の双方を楽しめるので、オススメです。

ミルク・クリームとの相性

アルペジオのビターさはミルクの円やかさよりも強く、カフェラテにしてもビターな余興が感じられます。また、ミルクを加えると、アルペジオの奥深さと混ざり合って、普通のミルクでも「濃厚なジャージー牛?」と思ってしまうような風味が感じられます。

ぜひカフェラテを作って、濃厚なミルクの中から出てくる、アルペジオのビターな余響を愉しんでください。

Arpeggio(アルペジオ)の美味しい飲み方

こんな時にオススメ

  • ゆっくりしたい時
  • 一息の休憩を、より良くしたい時
  • ビターさが好みの方

ゆっくり落ち着きたい時のコーヒー

このカプセルは基本的に落ち着きたいというときにオススメです。適度な複雑さに滑らかさとビターさが「織りなす」といった感じで、風味を心行くまで楽しめます。

もちろんミルクや砂糖を加えると、より落ち着くことができるでしょう。

このArpeggioには今回のカプセルだけではなく、デカフェのArpeggioもあります。就寝前の一杯には、デカフェのArpeggioも一つの選択肢です。

個性が垣間見えるArpeggio(アルペジオ)

Arpeggioは個性を持ちながらも主張は強くありません。滑らかな中から、ちょっと顔を覗かせたり、自然な流れで個性とバランスが響き合ったりしています。そういう意味でArpeggioだなと感じさせられます。

程よい個性と滑らかさを、どうぞ楽しんでみてください。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。