コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Linizio Lungo(リニツィオ・ルンゴ)

【ネスプレッソ】Linizio Lungo(リニツィオ・ルンゴ)

ネスプレッソのカプセルコーヒーを、フレーバー別に特徴と飲み方の紹介をしていきます。今回のカプセルは「Linizio Lungo(リニツィオ・ルンゴ)」です。

Linizioとはイタリア語の“L’inizio”が由来で、「始め」という意味です。一日の始まりに合う、優しい風味が見逃せないカプセルです。また数あるカプセルの中でも、最も飲みやすいのがLinizio Lungoです。

「Linizio Lungo」の注目ポイント

  • 最もルンゴらしいルンゴ
  • 飲みやすさが、ダントツ。

抽出する時のポイント

リニツィオ・ルンゴという名前からわかる通り、ルンゴなので通常の倍以上の量(ネスプレッソは110ml)です。そのため抽出するときは、量の多いマークのボタン(ルンゴ対応ボタン)を押してください。そうしないと通常のエスプレッソの量になってしまいます。

それに合わせてコップはデミタスではなく、通常のレギュラーカップやマグを用いる必要があるので気を付けてください。

最も飲みやすいLinizio Lungo

リニツィオ・ルンゴは、ネスプレッソの中では、最もルンゴらしい味わいのコーヒーです。

まろやかでウィークな味わいなので、他のルンゴと比べても飲みやすさはダントツです。エスプレッソというと砂糖を混ぜて飲むのが常道ですが、何とブラックでも美味しく飲めてしまいます。

その理由は、もちろんルンゴが薄めの味に仕上がる点もあります。しかしそれだけではなく、リニツィオ・ルンゴそのものがソフトな味わいなのです。

黒砂糖・カラメルがおすすめ

上白糖やグラニュー糖では、ただでさえソフトな味わいのコーヒーですから、特徴のない平凡な味になります。その点で黒砂糖やカラメルは、独特のコクを持ちながらもソフトな味わいとマッチします。

リニツィオ・ルンゴの滑らかな風味を活かすには、黒砂糖やカラメルがオススメです。

ミルク・クリームとの相性

ネスプレッソの中でも薄めのテイストということもあり、ドリップコーヒーを用いたカフェオレに近い印象のテイストです。

リニツィオ・ルンゴは円やかで個性に弱いテイストのため、カフェラテを作るときはミルクが決め手です。つまりミルクの味わいを活かすことができます。まったりしたテイストということもあり、オススメは濃厚なミルクや生クリームです。またカプチーノでフワフワに仕上げてもオススメです。

Linizio Lungoの美味しい飲み方

こんな時にオススメ

  • ルンゴらしいコーヒーを飲みたい時
  • 軽いエスプレッソを飲みたい時
  • ミルクを活かしたい時

ルンゴってどんなのだろうと思う方や、ルンゴを飲んだことのない方は、まずLinizio Lungoを飲んでみると良いでしょう。エスプレッソとの違いが分かりやすく、一種の基準となってくれます。

また苦いコーヒーが苦手な方は、Linizio Lungoでカフェラテやカプチーノを作ると、飲みやすいのでオススメです。

着飾らないのが一番

エスプレッソというと凝ったアレンジをしたくなるものです。しかしLinizio Lungoに関しては、あまり推奨できません。

というのもLinizio Lungoは、その“飲みやすさ”が最大の特徴です。その飲みやすさを味わうべく無駄な着飾りはせず、カフェラテやカプチーノなどシンプルなアレンジで飲んだ方がオススメです。

つまり「素材の良さ」を味わってもらいたいカプセルなのです。

飲みやすさならLinizio Lungo

再三繰り返していますが、Linizio Lungoはネスプレッソのなかで最も飲みやすいカプセルの一つです。ルンゴのカプセルを飲み比べするときも、Linizio Lungo基準で考えると、違いが分かりやすいです。

一日の始まりとしてだけでなく、初めてのルンゴという意味においても、L’inizioなのかもしれません。

【ネスプレッソ】Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。