コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Envivo Lungo(エンヴィヴォ・ルンゴ)

【ネスプレッソ】Envivo Lungo(エンヴィヴォ・ルンゴ)

ネスプレッソのカプセルコーヒーを、フレーバー別に特徴と飲み方の紹介をしていきます。今回取り上げるカプセルは、ルンゴの中でも最もストロングなEnvivo Lungo(エンヴィヴォ・ルンゴ)です。ルンゴというと量が多く味が薄いと思いがちですが、エンヴィヴォ・ルンゴはそうではないところがポイントです。

それでは、どんなカプセルなのか見ていきましょう。

「Envivo Lungo」の注目ポイント。

  • ルンゴ(110ml)なのに、ストロングなテイスト
  • スモーキーで爽やかな苦み
  • 砂糖との相性が抜群に良い

ルンゴは量が多い!

名前からわかる通り、ルンゴなので通常の倍以上の量(ネスプレッソは110ml)となっています。そのため、抽出するときは量の多いマークのボタン(ルンゴ対応ボタン)を押してください。そうしないと通常のエスプレッソの量になってしまいます。

それに合わせてコップはデミタスではなく、通常のレギュラーカップやマグを用いる必要があるので気を付けてください。

風味:ハードボイルドなルンゴ

エンヴィヴォ・ルンゴは、ルンゴの中では最もストロングです。

口に含むと力強い苦みが感じられますが、ビターというよりスモーキーに近い香ばしい苦みです。また、苦みの後はマンデリンのような奥深い芳醇さが特徴的です。

決して舌に残る苦さではなく、むしろ気持ち良い爽やかな苦みですので、風味以上に飲みやすいコーヒーです。

砂糖との相性

砂糖を加えると、ブリュレの焦がしたカラメルソースのような香り高さがあります。

砂糖を加えるとスモーキーさが弱まると思うかもしれません。しかし、騙されたと思って、砂糖を入れてみてください。それもたっぷりです。スモーキーさが引き立て役となって、病みつきになりそうな香り高さを見せてくれます。

ぜひ、飲むときは砂糖を加えていただきたいものです。

ミルク・クリームとの相性

牛乳を加えると、打って変わって柔らかみがメインのカフェラテに仕上がります。しかし、どことなく感じられるスモーキーさの残響は良いアクセントとなって、カフェラテに面白さを加えてくれます。

この面白さをより楽しみたい方は、低脂肪乳がオススメです。低脂肪乳はスッキリしているため、スモーキーな個性が増して感じられます。個性という点では、エンヴィヴォ・ルンゴを活かせていて、意外とオススメな選択肢です。

Envivo Lungoの美味しい飲み方

こんな時にオススメ

エンヴィヴォ・ルンゴの最大の特徴は、ルンゴなのにストロングというところです。そのため、ストロングなエスプレッソを、通常の3倍の量(110ml)飲めてしまうのです。

  • 飲み足りない時
  • ガツンと来るコーヒーを一気飲みしたい時
  • 砂糖に合うコーヒーを探しているとき

シングルのエスプレッソでは満足できないときは、エンヴィヴォ・ルンゴを飲んでみてください。一杯で満足できるでしょう。

洋酒を数滴

ハードボイルドなコーヒーには、大人のお酒が似合います。

例えばブランデー数滴を加えるだけで、ふくよかな香りがスモーキーさに溶け合って、良い雰囲気を醸し出してくれます。あるいはスコッチウィスキーを加えると、スモーキーの相乗効果を愉しむこともできます。

ハードボイルドなコーヒーは、大人の雰囲気の中で楽しむのがオススメです。

渋い紳士のルンゴ

Envivo LungoのEn vivoはスペイン語で「生きている物」という意味です。スペインやラテンアメリカに暮らす方は、「生放送」の意味で観たことあるかもしれません。その「生きた」のような力強さが、Envivo Lungo最大の特徴です。

ルンゴの中では最もルンゴらしくはありませんが、その面白さがたまらないネスプレッソのカプセルコーヒーです。

【ネスプレッソ】Fortissio Lungo(フォルティッシオ・ルンゴ)

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。