コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)

【ネスプレッソ】Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)

ネスプレッソのカプセルコーヒーを、フレーバー別に特徴と飲み方の紹介をしていきます。今回のカプセルは、Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)です。

名前の由来が“Viva + Alto”なのか、はたまた音楽家“Vivaldi”なのか、気になってしまうところです。そしてこのVivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)も、一筋縄ではいかない気になるテイストを持っています。

ルンゴの中で最も複雑なテイストを持つVivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)を、これから見ていきましょう。

「Vivalto Lungo」の注目ポイント。

  • 繊細で柔らかく、飲みやすい
  • 砂糖を加えるとコーヒーキャラメルのような味

抽出する時のポイント

名前からわかる通り、ルンゴなので通常の倍以上の量(ネスプレッソは110ml)です。そのため、抽出するときは、量の多いマークのボタン(ルンゴ対応ボタン)を押してください。そうしないと通常のエスプレッソの量になってしまいます。

それに合わせてコップはデミタスではなく、通常のレギュラーカップやマグを用いる必要があるので気を付けてください。

飲みやすさと繊細さ

ヴィヴァルト・ルンゴは、飲みやすさと個性が絶妙に絡み合った、面白みのあるルンゴです。

飲みやすくも複雑さを兼ね備えている辺りが、おもしろいエスプレッソです。複雑さは濃厚さというより「繊細さ」という方向性で、さほどストロングさ感じさせません。花のような甘み・か弱い酸味・エスプレッソの苦みと、絶妙なバランスと複雑さが堪りません。

繊細な風味ながらも柔らかく後味が心地よいところが、ヴィヴァルト・ルンゴの特徴であり個性でもあります。そのためルンゴの中では、リニツィオ・ルンゴに次いで飲みやすいです。

砂糖を混ぜると、より複雑に

飲むときは、スプーン3~4杯の砂糖を混ぜてみてください。すると、ヴィヴァルト・ルンゴが持つ繊細さと絡み合って、コーヒーキャラメルのような風味に仕上がります。複雑さを含んだ甘味が良い雰囲気で、とりわけカップの底に溶け残った砂糖は絶品です。砂糖は独特な黒糖より、シンプルなグラニュー糖がオススメです。

「複雑さを味わいたい!」という方は、無糖より砂糖をドッサリ加えたほうが、複雑さを堪能できるのでオススメです。

 スプーン一杯のミルクを加えてみよう

ヴィヴァルト・ルンゴに、スプーン一杯のミルクを加えてみてください。複雑さを保ちつつ飲みやすさが増して、これまた絶妙なマキアートに仕上がります。ルンゴの中でも最も滑らかなコーヒーのため、普段カフェオレで飲む方も少しのミルクで飲めてしまうくらいです。

ミルクは繊細さを活かすためにも低脂肪乳ではなく、牛乳やそれ以上の濃厚なものがオススメです。

Vivalto Lungoの美味しい飲み方

こんな時にオススメ

  • ゆったりエスプレッソの世界に浸りたい時
  • 思索にふけりたい時
  • 飲みやすく個性のあるコーヒーを探しているとき

Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)は複雑さを持ちながらも、ルンゴであるため比較的飲みやすいところが特徴です。そのため強い個性が苦手な方でも、楽しく個性を愉しむことができます。

砂糖以外に蜂蜜もあり?

複雑さと飲みやすさという点では、メープルシロップや個性ある蜂蜜も相性が良いです。ただ量が多いとVivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)が脇役になってしまうため、気を付ける必要があります。

こちらもミルクと同じくスプーン一杯程度を加えてあげると、良い感じに芳醇さが増します。

個性と飲みやすさのバランスのVivalto Lungo

Vivalto Lungo(ヴィヴァルト・ルンゴ)は、個性を持ちつつも飲みやすさを併せ持っています。そのため「普通のルンゴでは物足りない、でも個性が強すぎるのも……」という方にオススメです。

立ち位置としては、Envivo LungoとFortissio Lungoを足して2で割ったカプセルと考えても良いかもしれません。ある意味で「ちょうど良い」カプセルがVivalto Lungoです。

【ネスプレッソ】Envivo Lungo(エンヴィヴォ・ルンゴ)

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。