コーヒーをもっと趣味に

キューバコーヒーの特徴と生産銘柄

キューバコーヒーの特徴と生産銘柄

キューバは米国フロリダ半島の南に位置し、カリブ海最大の東西にある、長い島国です。面積は日本の本州の半分ほどの大きさしかなく、人口は1126万人ほどの小さな国です。

キューバコーヒーの歴史は古く、1747年に首都バハナ近郊にスペイン移民がコーヒの樹を植えたのが始まりとされています。

キューバコーヒーの特徴

苦みが少なく、甘い香りでくせのない軽くまろやかな味が特徴です。口当たりがとても済んでいて、味にくせが無く、滑らかなのどごしです。キューバのコーヒー豆の70%〜80%が日本とフランスに輸出されており、日本人にとって飲みやすいコーヒーと言えます。

キューバコーヒーの栽培地

熱帯特有の恵まれた気候と、肥沃な土壌で栽培されています。キューバコーヒーは島全体で栽培されています。70%が東部、20%が中部、10%が西部で収穫されています。

キューバコーヒー生産銘柄

  • クリスタルマウンテン
  • シエラ・マエストラ
  • キューバ TL(ツルキーノ)

クリスタルマウンテンの特徴

キューバで生産されるコーヒー豆の中で最も高級な豆は「クリスタルマウンテン」で、水晶が取れる山地で栽培されていることから名づけられています。豆は大粒で、豊かな香りが特徴です。苦みや酸味のバランスが良く、ソフトでマイルドな口当たりです。

酸味も少なく、まろやかな味を楽しんでいただくためにも、ミディアムロースト、またはハイローストをおすすめします。深煎りにすると苦味が強調され、アイスコーヒーやエスプレッソ向きの風味になります。

シエラ・マエストラの特徴

シエラ・マエストラはキューバ最大の山脈「シエラマエストラ山脈」で生産されています。シエラマエストラ山脈の西端に位置するキューバ最高峰のトゥルキーノ山(海抜1974m)で行われたこともあり、キューバコーヒーのルーツとも言われています。

酸味と苦み、甘味がバランスが良く、さわやかでマイルドな味わいが特徴です。シエラ・マエストラはペーパードリップで入れて飲むのことをおすすめします。

キューバ TL(ツルキーノ)の特徴

苦味は柔らかくほんのりとした上品な甘さが特徴です。さわやかな酸味もあり香りが豊かです。クリスタルマウンテンに比べ小粒ですが、癖のない飲みやすさで沢山の人に好まれています。

キューバコーヒーまとめ

日本でもよく耳にする、クリスタルマウンテンの栽培も行っているキューバ。暖かく、コーヒー栽培に適した山があり、ひとによってはキューバという国からコーヒーを連想するひともいるのではないでしょうか。

キューバのコーヒーは、その多くを日本に輸出しています。もしかしたら、知らず知らずキューバ産のコーヒーを楽しんでいるのかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!