コーヒーをもっと趣味に

コーヒー豆の通販ショップ ゆう珈琲: ドミニカ プリンセサ・ワイニー

コーヒー豆の通販ショップ ゆう珈琲: ドミニカ プリンセサ・ワイニー

今回はカリブ海にあるドミニカ共和国から届いた「プリンセサ・ワイニー」です。プリンセサ・ワイニーは、カリブ諸国のコーヒーの中では群を抜いて個性が強く、チャレンジャー向けのコーヒー豆です。しかし決して飲みづらくない味わいは、また不思議です。

それでは、どのようなコーヒーなのか見ていきましょう。

「プリンセサワイニー」は、こんなコーヒー

  • 焙煎:ミディアムロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    サングリアのような甘く快活なワインの香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    フレグランスより柔らかく、甘美な香り

風味

  • 個性的な香りに反して、甘みのある風味
  • 爽やかで明るい風味

こんな時にオススメ

  • 個性的なコーヒーを飲みたい時
  • 爽やかで甘みのあるコーヒーを飲みたい時

甘いワインの香り

このコーヒーの最大の注目点は、香りです。

フレグランス(豆の香り)は、サングリアのようなフルーツワインの香りです。若々しく爽やかな快活さの中に、綺麗な甘い香りが感じられます。とりあえず袋の封を開けたら、すぐ鼻を近づけてみてください。香りが襲い掛かってきます。

そしてアロマ(コーヒーの香り)は、甘さによる滑らかさが強くなり、甘美的な香りがして、どこかデザートワインを想像させられます。この香りは特に、フレンチプレスで抽出した時によく感じられます。

ペーパードリップ:若々しい気品

飲んだ瞬間、いきなりキュッと締まった明るい酸味が襲い掛かってきます。

しかし酸味の背後には、甘みを含んだ芳醇な味わいがあって、爽やかながらも豊かさを感じることができます。余韻はその豊かさが、ゆったりとフェードアウトしていきます。飲まれる際は、酸味と甘みによる気品ある味わいを、ぜひ楽しんでみてください。

若々しさと気品を併せもつ点で「プリンセサ」、芳醇さの点で「ワイニー」と、名前の所以が一目で納得できるコーヒーです。

低温だと、酸味+甘み+明るさ

このコーヒーの鮮烈な印象が、低温でも酸味が感じられる所です。そのため低温でも酸味がしっかりと味わうことができ、加えて甘みや明るさも感じられます。

オススメは75℃前後です。サッパリしたい方は、太めのお湯でサッと抽出すると良いです。対して甘みを出したい方は、細いお湯でじっくり抽出すると良いでしょう。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり13g(一杯120ml)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:75℃前後

ネルドリップ:お淑やかで甘い味わい

酸味はペーパードリップのようにキュンとは来ない、程よく上品な酸味です。注目点は、芳醇な甘みがメインで感じられて、甘々なデザートワインを想起させられるコーヒーという所です。そして余韻は、この甘みを長らく感じることができます。

ペーパードリップが快活なプリンセスとすると、ネルドリップはお淑やかなプリンセスという印象です。ペーパードリップと飲み比べてみると楽しいかもしれません。

細めのお湯でお淑やかさを出そう

甘みを強調したいのであれば、細いお湯を注いで抽出するとオススメです。お湯を太く注ぐと大味になりやすく、反対に細く注ぐことでデザートワイン感が感じられやすくなります。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり13g(一杯120ml)
  • 挽き具合:中粗挽き
  • 抽出温度:75℃

フレンチプレス:マスカットの風味

フレーバーは甘みと酸味のバランスが良く、マスカットやシードル(リンゴ酒)に近い味わいがします。そして余韻は甘みが綺麗にフェードアウトしていくため、ドリップにはない爽やかさも感じることが出来ます。

フレンチプレスで抽出したものは、風味にドリップほどの主張は見られません。しかし香りや余韻とともに楽しむと、ものすごい良いコーヒーです。

プレスを軽く混ぜてみよう

フレンチプレスで抽出する時に、軽くかき混ぜてみてください。するとコーヒーの香りが一気に立ち上ります。

フレンチプレスで抽出すると、表面にコーヒー粉の層が出来ます。しかし混ぜることでコーヒー粉の層が壊れ、閉じ込められていた香りが一気に解放されるのです。これはカッピング(テイスティング)では、「ブレイク(壊すという意味)」と言います。

プレスで抽出する時は、ぜひ試してみてください。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:4分00秒

オススメの飲み方

オススメの抽出方法

  • フレンチプレス

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:ブラックがオススメ
  • 砂糖:無糖がオススメ

何も加えず、そのまま楽しもう

このプリンセサ・ワイニーは、香りと甘みが武器のコーヒーです。そのためミルクや砂糖などの邪魔ものは、加えないほうが良いでしょう。個性の強さは好みが分かれるところですが、強いからこそ何も加えずに個性をそのまま楽しんで頂きたいコーヒーです。

クッキーやガレットとの相性が良い

サッパリ爽やかな味わいのコーヒーですので、重くはないけど濃厚なお菓子が合います。

例えばクッキーやガレットは、サクッとした香ばしさとバターの深みがあって、コーヒーとのコントラストがたまりません。他にもザッハトルテやオペラなど大人な味のケーキとの相性も良いでしょう。

「ゆう珈琲:プリンセサ・ワイニー」を飲んでみよう

飲んでみての感想

個性の強い香りではありますが、風味は甘みがメインのため、香りに反して意外と飲みやすい印象のコーヒーです。爽やかな香りは、鬱蒼とした気分を吹き飛ばして、甘い風味は心を穏やかに癒してくれます。

少しコーヒーの冒険をしてみたい方、一度飲んでみることをオススメします。

コーヒー豆の情報

  • 名称:プリンセサ・ワイニー
  • 産地:ドミニカ共和国
  • 焙煎:ミディアムロースト
  • 販売店:ゆう珈琲
  • 販売店URL:http://you-coffee.net/

ゆう珈琲 ドミニカ プリンセサ・ワイニーの購入はこちらから

ゆう珈琲 ホームページ

スペシャルティコーヒー・コーヒー豆の通販ショップ  ゆう珈琲

ゆう珈琲 ハウスブレンド 紹介ページ

ドミニカ プリンセサワイニー

ゆう珈琲お試しセット 紹介ページ

お試しコーヒーセット【送料無料】

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。