コーヒーをもっと趣味に

甘く、華やかな【エチオピア:ウォレガG1 スイートナチュラル】

甘く、華やかな【エチオピア:ウォレガG1 スイートナチュラル】

酸味系コーヒーの人気により、注目を集め続けているエチオピアです。今回は、そのエチオピアのウォレガのコーヒー豆を取り上げます。酸味の強いことで知られるエチオピアにあって、甘みがあって飲みやすいコーヒーです。

それでは、どのようなコーヒーなのか見ていきましょう。

「ウォレガG1 スイートウォレガ」は、こんなコーヒー。

  • オススメの焙煎:ミディアム~ハイロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    明るいけれど、エチオピアにしては穏やかさがある
  • アロマ(コーヒーの香り)
    柔らかさがあり、アールグレイのような香り

風味

  • イルガチェフェを柔らかくしたような味わい
  • 爽やかな酸味と甘みが特徴的

こんな時にオススメ

  • 昼に飲むコーヒーに
  • のんびり寛ぎたい時に

ペーパードリップ:柔らかなレディグレイ

「イルガチェフェ×甘さ」といっても夏みかんのような甘酸っぱさではありません。甘さと酸味は別々で、柔らかなレディグレイ(紅茶)、あるいはカモミールとレモン足して2で割ったような印象です。

余韻はイルガチェフェに近い爽快さをバックに、甘みが強く感じられます。お花畑で寝転がるような、居心地の良さがたまりません。

やや低めがベスト!

このタイプのコーヒー豆は深煎りを除いて、低めの温度で抽出されることが一般的で、このスイートナチュラルも同じです。ただ柔らかさを上手く引き出すには、「やや低め」がポイントです。

温度が低すぎるとコクが欠けてしまい、甘みが宙ぶらりんに感じられます。そのため若干コクがあると甘みが上手くマッチします。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:78℃

ステンレスフィルター:香ばしい甘みの良さ

エチオピアらしい特有の明るい華やかさは残していますが、酸味はやや抑えられ、また甘みもほどほどに抑えられています。

風味の程よさと明るい華やかさによって、フレーバーは、優しくスッキリしたコーヒーに仕上がります。しかし余韻に近づくにつれて、カラメルのような香ばしい甘みが口全体を覆い尽して、最も風味が感じられる瞬間がやってきます。

香ばしい甘さの余韻は、必飲の価値ありです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:78℃

ネルドリップ:密度が出てくる

ペーパードリップより密度のある味わいが特徴的です。全体的に滑らかさが増して、華やかさは抑えられている傾向にあります。その代わりにコクと甘みが、華やかさをも巻き込んで濃密さを醸し出しています。

余韻は、焦がしたカラメルのような苦みと香ばしさに、華やかさを基にした立体感が感じられます。美味しいコーヒーではありますが、イルガチェフェらしさは欠けている印象があります。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中粗挽き
  • 抽出温度:78℃

フレンチプレス:シルクのような優しさ

滑らかさがもの凄く印象的です。その滑らかさは、華やかさと融合して「スイートナチュラル」を体現しているようなコーヒーです。

口に含んだ瞬間から、ほのかな香ばしさとともに、華やかな滑らかさが綺麗に流れていきます。そして味が落ち着いて滑らかさを堪能した後に、余韻がフワッと漂います。この余韻は華やかな立体感の中に甘みを感じられます。

始まりから終わりまで、ずっと滑らかさをベースに感じることができます。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:17g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:4分00秒

オススメの飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:ブラックがオススメ
  • 砂糖 :あまり合わない

そのままが最も美味しい

甘みがあり飲みやすさがあるため、ブラックが最もオススメです。

またアレンジに関しては、シナモンなどを加える程度にすると良いでしょう。あまりアレンジコーヒー向けの豆ではありません。ミルクを加えると、華やかさとミルクのコクが混ざって、あいまいな味になってしまいます。

ゆったりしたい   、ウォレガG1 スイートナチュラル

エチオピアらしさを残しつつも、甘く飲みやすい点が、このコーヒーの最大の特徴でしょう。この味わいは、好みを問わず飲めるのではないかと思います。

ぜひ酸味や刺激があまり好みでない方にも飲んで頂きたいコーヒーです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:スイートナチュラルG-1 ウォレガ
  • 産地:オロミア州、エチオピア
  • 精製:ナチュラル・天日乾燥
  • 今回の焙煎:ミディアムロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。