コーヒーをもっと趣味に

曲を聴きながら飲みたいおすすめのコーヒー

曲を聴きながら飲みたいおすすめのコーヒー

音楽を聴きながらコーヒーを飲む。そんな優雅なひと時は、何物にも代えがたい素敵な時間ですよね。音楽やコーヒーの種類によって、味わえる気分も大きく変化することでしょう。ここでは、曲を聴きながら飲みたいおすすめのコーヒーを紹介します。ジャンルごとに見ていきましょう!

コーヒーに合う音楽といえば?

コーヒーに合う音楽として挙げられることが多いのが、“ボサノバ”です。コーヒー生産大国ブラジルで生まれたこの音楽は、中産階級の方々が“部屋の一室で奏でてもうるさくない音楽”として発明したため、ささやくような歌声が特徴的。

リズミカルなギターサウンドも相まって、リラックスしたい時に聴くと和やかな気持ちにさせてくれます。やはり、コーヒー原産国のブラジル音楽ということもあり、ボサノバとコーヒーは切っても切れない関係にあるようです。

ボサノバを聴きながら飲むなら

そんなボサノバミュージックを聴きながら飲むとすれば、どのようなコーヒーがいいか?ボサノバの和やかでリズミカル、そして甘い歌声から感じるあたたかな雰囲気は、明るさを感じる“浅煎りの爽やかなドリップコーヒー”をおすすめします。

和やかな昼下がりには浅煎りの明るさ

なぜ浅煎りのコーヒーなのか?これは、ボサノバが夜よりも朝や昼の明るい時間帯に映える音楽だからです。

カフェや自宅の一室で少し日差しを浴びながらボサノバを聞き、フルーティーな酸味と明るい口当たりを楽しめる浅煎りコーヒー。この組み合わせで飲めば、さわやかで心落ち着く気分にさせてくれることでしょう。

深い夜にしっとりと楽しむ音楽とコーヒー

一方で、夜にコーヒーと共に楽しむ音楽といえば、やはりジャズがしっくりとくるでしょう。歌のないインストナンバーも多く、ゆったりと落ち着いた“夜の静寂”が似合う音楽です。

引き込まれる世界観と深煎りの重厚さ

ジャズを聴く時に飲むのであれば、深煎り豆で淹れたコーヒーやエスプレッソなどはいかがでしょう。ジャズを聴きながらゆっくり目を閉じて、ローストの効いたコーヒーを飲んでみてください。

コーヒーの重厚な味わいと、ジャズが奏でるシックな世界観は、贅沢な一人の時間を演出してくれることでしょう。

アルコールとコーヒーと音楽

お酒を飲んだ後、音楽を聞くと…普段は気が付かない細かな音や特徴的なフレージングに出会えることがあります。これは、アルコールの力で聴覚が通常時よりも研ぎ澄まされているからなのだとか。

アルコール×コーヒーで音楽への深窓へ

飲酒後のコーヒーはもとより、アルコール入りのコーヒーを飲むことで、普段より深く音楽の世界に浸ることができます。アイリッシュコーヒーやブランデーコーヒーなど、お酒による身体的な“酔い”とコーヒーによる雰囲気的な“酔い”により、お好きな音楽とあらためて向き合ってみるのも面白いです。

アルコール入りコーヒーは自宅で簡単に作れるものばかりなので、気軽にブレンドして楽しんでみてはいかがでしょうか?

アイリッシュコーヒーの作り方【ウィスキー選び〜アレンジ術】

曲を聴きながら飲みたいおすすめのコーヒー まとめ

曲の雰囲気によって、飲みたくなるコーヒーは変わってくるものです。上記で紹介したおすすめは、あくまで参考例。自分が思う、“音楽に合う最高の一杯”を探してみるのも楽しみ方の一つだと思いますよ。

また、ボサノバやジャズといった音楽は、歴史的背景が非常に大切なジャンル。音楽にまつわるエピソードを調べてみるのも良いかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!