コーヒーをもっと趣味に

【コスタリカ】美しいコーヒー「コーラルマウンテン」

【コスタリカ】美しいコーヒー「コーラルマウンテン」

コーラルマウンテン(Coral Mountain)、和訳すると「珊瑚の山のコーヒー」です。

とても綺麗な名を持つこのコーヒー、その名に恥じぬ高い品質を有しています。コスタリカ産コーヒーの中でも有名で、喫茶店やロースターで見たことある方もいるのではないでしょうか。

「コーラルマウンテン」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:ハイロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    スッキリしているが、豊かさや甘さがある香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    明るいキャラメルのような、甘くも爽やかな香り

風味

  • コク・甘み・酸味ともに風味豊か
  • 調和の取れた飲みやすいコーヒー

こんな時にオススメ

  • 至福の一杯を飲みたい時に
  • 息抜きしたい時に
  • 朝・昼に飲みたいコーヒー

コーラル=環境の良さ

コーラルマウンテンは、コスタリカの首都サンホセから南下したコラリージョ(Corralillo)という地域の、1200mの標高地帯で栽培されています。このコラリージョ周辺の区域は、タラス地域(Tarrazú)と呼ばれるコスタリカコーヒーの名産地なのです。

そしてコーラル(珊瑚)は、農園の森の木々が美しい藍色に見えることから名づけられ、自然豊かな環境を表しているのです。つまりコーラルマウンテンは、その優れた環境から名づけられたのです。

このように、コスタリカ屈指の名産地の優れた環境の下で作られたコーヒー、それがコーラルマウンテンなのです。

ペーパードリップ:軽快なハーモニー

コーラルマウンテンをペーパードリップで淹れると、穏やかながらも豊かなハーモニーを味わうことができます。

滑らかな甘み・柔らかくも香り立つコク・爽やかな酸味、全てが豊かで奥ゆきを持っています。しかし決してストロングではなく、滑らかなハーモニーを醸している所がコーラルマウンテンの良さでしょう。

滑らかな舌触りから、風味のハーモニー、そして柔らかさと爽やかな酸味による軽快な余韻、という流れでコーヒーを楽しめます。

特に、ペーパードリップは他の淹れ方よりクリアな風味に仕上がるので、軽快な飲みやすさを上手く引き出すことができます。そのため、軽やかなコーヒーが好みの方には、ペーパードリップがお勧めです。

少し多め&少し高めが美味しい

コーラルマウンテンの特徴はハーモニーではなく、それ以上にハーモニーの中にある豊かさです。

それを上手く引き出すには、コーヒー豆を少し多めに使ってみてください。するとコーヒーを濃く、そして美味しい部分だけを引き出せます。また温度に関しても少し高めで、85℃前後がお勧めです。ただし、温度が高すぎるとハーモニーが崩れかねないので、高ければ良いというわけではありません。

風味を“程よく”引き立てると、コーラルマウンテンの良さを堪能できるでしょう。

今回の抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり15g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:85℃

ネルドリップ:ふわふわとショコラ

ネルドリップで淹れるコーラルマウンテンは、飲んだ瞬間にフワァと柔らかく広がっていく風味が特徴的です。

豊かな甘さに滑らかなコクは、チョコレートみたいな雰囲気を醸し出していて、酸味の爽やかさはかなり抑えられています。この風味がペーパードリップのサラッとしたハーモニーとは正反対の、フワフワしたコーヒーに仕上げてくれています。

とりわけ余韻ではこの違いが明快で、はらはらと雲散霧消するように消えていきます。サラサラ感とは無縁です。コーラルマウンテンの甘さを引き出すには、ネルドリップがお勧めです。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり15g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:85℃

フレンチプレス:膨らみある豊かさ

コーヒーの味をそのまま引き出すと言われるフレンチプレスだけあって、様々な味が感じられる豊かなコーヒーに仕上がっています。

口に含むと、強めのキャラメルのような甘み・ふくよかで独特の深みを持ったコク・ほのかで明るい酸味、様々な風味が溢れ出るコーヒーです。しかしこれらに風味が主張しつつも調和を保っているのが、とても心地よいところです。

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、ドリップのようなクリアさは弱く、また膨らみのある豊かさが強いところが特徴的です。そのため、口当たりはふんわり膨らみがあり、余韻では深くも柔らかく、フェードインから始まりフェードアウトで終わるコーヒーです。

舌触りはペーパードリップとネルドリップの中間で、加えてドリップより豊かに仕上がります。和みたい時に飲みたくなるようなコーヒーです。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:4分00秒

水出しコーヒー:さらっと爽やか

水出しで淹れるコーラルマウンテンは、甘みが非常に強く、シルキーな滑らかさを持ったコーヒーとなります。

酸味やコクは抑えられるので、刺激や深みは弱めです。しかしほのかに感じられるこれらの味と、コーラルマウンテンならではの爽やかさは、どこか花の蜜のような感触をもたらしてくれます。

余韻は若干のお花らしさを残しつつ、いつの間にかシルキーさゆえに消えてしまいます。ドリップの軽快さや雲散霧消とはまた違うサラッとした舌触りは、どことない心地よさを与えてくれます。

一つお勧めとして、網目の細かいステンレスフィルターで粉を濾すと良いでしょう。すると微粉が除かれて粉っぽさがなくなるので、サラッとした感触を堪能することができます。一方で、ペーパーフィルターは目詰まりを起こすので、避けた方が無難です。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:150mlあたり10g
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出時間:6時間

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:とても良い
  • 砂糖 :ほどほど

柔らかカフェオレ

ペーパードリップで淹れたコーヒーを使うと、軽やかで柔らかみのあるカフェオレに仕上がります。軽やかですのでモーニングコーヒーや気分転換したい時に相性の良いカフェオレです。

他方で、フレンチプレスのコーヒーを使うと、風味豊かなカフェオレに仕上がります。特に、甘いキャラメル感は割り増しで感じられ、ゆったり寛ぐときにうってつけの、満足感ある至福の一杯です。一つポイントとしては、コーヒーの風味豊かさを活かすために、ミルクは少なめにするとお勧めです。

調和と美味しさのコーラルマウンテン

コーラルマウンテンは再三お話ししたように、ハーモニーの中にある豊かな風味が、最大の特徴ともいえるコーヒーです。そのため、コーヒーを淹れる時には、このハーモニーと豊かさのバランス具合が、重要な鍵を握っています。

また、このバランスの良さとコーラルという綺麗な名前から、お茶会や来客用のコーヒーとして重宝できるコーヒーです。ちょっとした時に一杯あると、どこか気分が弾むような気がする、コーラルマウンテンはそんなコーヒーです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:コーラルマウンテン
  • 産地:コスタリカ・コラリージョ地区
  • 品種:カトゥーラ、カトゥアイ
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:ハイロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。