コーヒーをもっと趣味に

【コスタリカ】コスタリカ・ブラックハニー(タラス地区)

【コスタリカ】コスタリカ・ブラックハニー(タラス地区)

今回ご紹介するコーヒー豆は、コスタリカのタラス地区で生産された「ブラックハニー」。“黒い蜂蜜”って何だろう……と思うかもしれません。ブラックハニーはその名に反して、甘く滑らかなテイストを持っている銘柄です。一体、ブラックハニーとはどんなコーヒーなのでしょうか?

「コスタリカ・ブラックハニー」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:シティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    ハチミツのような甘さやナッツのような円やかな香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    カモミールのような穏やかで甘い香り

風味

  • 甘みがかなり強い
  • 滑らかな舌触りで、全体的にマイルド

こんな時にオススメ

  • のんびり過ごしたい時に
  • 苦いコーヒーが不得手な方に

ブラックハニーとは?

ブラックハニーとは何かについて、初めに知っておきましょう。

近年コーヒー豆で「ハニー」というのを、よく見かけるかと思います。これは精製(果実からコーヒー豆を取り出す工程)の方法の一つ「パルプドナチュラル(ハニープロセス)」と呼ばれるものです。

ブラックハニーは方法の違い

コーヒーは果肉を剥くと、コーヒー豆・殻・粘液質が残ります。この粘液質を水で発酵洗浄するものがウォッシュト(水洗式)と呼ばれる方法で、乾燥させるものがパルプドナチュラルです。

ちなみに、最初の果実の時点から乾燥させる方法を、ナチュラル(非水洗式)と言います。

パルプドナチュラルと色の違い

そこで注目したい点が、パルプドナチュラルで粘液質がどれだけ残っているか、です。粘液質の量に比例して乾燥前のコーヒー豆は「イエロー<レッド<ブラック」と見た目の色に違いが出ます。これがブラックハニーの正体なのです。

つまり、ブラックハニーとは、甘いコーヒーで有名なパルプドナチュラル(ハニープロセス)の一種類ということなのです。

それではどんな味がするのか、これから見ていきましょう。

ペーパードリップ:豊かで滑らかな甘さ

滑らかな甘みと、しっくり来るコクが美味しい一杯です。

ブラックハニーだけあって、甘みが豊かな完熟感あふれるテイストです。甘みはかなり強く感じられますが、そこまで舌に纏わりつく甘ったるさではありません。緩さのあるコクがカラメルに近い豊かさを出していて、美味しく甘みを楽しめます。

風味にそれほど変化の波はなく、余韻でも甘みがゆるゆると続きます。口当たりから余韻まで通して、酸味や苦みはそれほど強くありません。そのため、他のコーヒー豆と比べると、かなり飲みやすい部類に入るでしょう。

今回の抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~85℃

ネルドリップ:フェザータッチな舌触り

柔らかい風味に仕上がるネルで、甘みとコクの柔らかいコーヒー豆を使うので、シルクと言うよりもコットンのようなフワフワ感あふれるコーヒーです。一方、ひっくり返して言えば、パンチやストロングさの点では物足りなさのあるコーヒーでもあります。

このフワフワ感は、甘みに強いブラックハニーだからこそ出せている個性でもあります。しかしコーヒーの風味を堪能するという意味では、ペーパードリップの方に軍配が上がるでしょう。

とはいえ、このコーヒーとは思えないフェザータッチ感は、それはそれでまた楽しいものです。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~85℃

フレンチプレス:軽やかさと明るさ

甘みに包まれた柔らかさが目立つ一杯です。また他の抽出方法と比べると、酸味が少し強めに出ていますがコクや苦みはとても弱く、「軽やかなコーヒーだな」という印象を受けます。

そして、冷めてくると、オレンジのような明るさと柔らかな甘みが広がってきます。ブラックハニーの甘々な印象とは少し異なりますが、それはそれで面白い体験ができます。

ブラックハニー感はほどほどですが、酸味は刺激的でなく飲みやすい甘みがあるので、ゆったり気分転換したい時にオススメです。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

水出しコーヒー:甘くトロピカル

滑らかながらも華やかなテイストが特徴的です。舌触りはブラックハニーならではのトロンとした滑らかな甘さを持っています。その一方で、酸味や爽やかさが甘さと混ざって、シナモンシュガーやトロピカルなフルーティーさを際立たせています。

他の抽出方法と比べると、かなりフルーティーな印象を受けます。しかしキリッとした鋭さがなく滑らかな所は、ブラックハニーのポイントなのかもしれません。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:1杯あたり10g
  • 抽出時間:6時間

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:GOOD
  • 砂糖 :GOOD

どんなミルク・クリームもOK

ミルクを加えると、ブラックハニーの甘さが活かされた落ち着きと寛ぎのあるカフェオレに仕上がります。

オススメとしては、ミルクを少なめにしてブラックハニーの風味を引き出すか、あるいは生クリームで滑らかさを引き出すのも面白いでしょう。強い個性がないため、ミルクの濃さや量を問わず色々な楽しみ方ができます。

ブラックハニーを堪能しよう

コスタリカというと、ハニープロセスのコーヒーが多く、甘いコーヒーが知られています。その中でも、ブラックハニーは粘液質が多く手間のかかる一品として、注目を集めています。また、今回のタラス地区はコスタリカの中でもコーヒー産地として知られていて、美味しいコーヒーが多く取れる地域でもあります。

このブラックハニーは、ハニープロセス先進国のコスタリカだからこそ、ぜひ味わって頂きたいコーヒーです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:コスタリカ・ブラックハニー
  • 産地:コスタリカ・タラス地区
  • 精製:パルプドナチュラル
  • 今回の焙煎:シティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。