コーヒーをもっと趣味に

職場・オフィスでコーヒーを楽しむには【コーヒーショップ(豆販売店)編】

職場・オフィスでコーヒーを楽しむには【コーヒーショップ(豆販売店)編】

コーヒーの魅力は追及すればするほど尽きないものです。日々情報を取り入れ、仕事のある平日であってもコーヒーブームの波に乗っていたい方も多いのではないでしょうか。今回は、コーヒーショップで持ち帰れるコーヒーの職場・オフィスで楽しむ方法、見ていきましょう。

流動的なコーヒー業界

コーヒーのムーブメントは、時代により時期により季節により常に変化し続けています。大きな流れとして知られているところをかいつまんでみると…

  • ファーストウェーブ(19世紀後半〜)
    流通の発達によってコーヒーがメジャーなものとなった。
  • セカンドウェーブ(1960年代〜)
    シアトル系カフェの人気により深煎りで質の高いコーヒーが主流に。
  • サードウェーブ(近年〜)
    豆本来の味を楽しみつつ、産地ごとのスペシャルティや淹れ方そのものを見直すように。一杯ずつ丁寧に楽しむようになった。

この3つの波が大きな流れですが、やはり日々情報は変化していきます。そういったコーヒーの情勢を常に掴んでおきたい方のためにおすすめなのが、“コ—ヒーショップへ足を運ぶ”ことです。

ちなみに、サードウェーブの流れの軸として、日本の喫茶店文化に近い楽しみ方だとも一部では言われています。昔ながらの『コーヒー一杯と向き合う楽しみ方』が見直されているようですね。

コーヒーショップを選ぶメリット

  • コーヒーの知識を得られる
  • 業界のムーブメントを把握できる
  • 舌を鍛えられる

コーヒーショップの販売員さんは、その仕事柄コーヒー業界の潮流について詳しい場合が多いです。そのため、今現在どういった風味が主流となっているのか、どこそこの豆が貴重だ旬だ、といった情報を教えてくれることがあります。

また、銘柄ごとにおいしく飲める挽き方や淹れ方、焙煎度まで話してくれることも多く、販売員さんと話をしていると学べることがたくさんあるのが大きいです。話を聞きつつ豆の特徴を教えてもらいつつ、その場で飲ませてもらえるので、おすすめです。

コーヒーショップを選ぶデメリット

  • 店舗数が圧倒的に少ない

貴重な体験をさせてもらえるメリットがある反面、職場・オフィスの近くにショップが無い場合は少なくありません。ファーストフードやカフェ、コンビニに比べたら圧倒的に店舗が少ないのが難点です…。また、人気店ともなると来店客が多いお店もあり、“会話”の時間を作れないところもあるのが痛手です。

職場でのコーヒーショップの楽しみ方

学べることの多いコーヒーショップですが、その楽しみ方はもちろん“コーヒーの知見を溜めること!”に限ります。もしもオフィスの近くにコーヒーショップがあるのであれば、足繁く通うことをおすすめします。

まずは常連客を目指すべし!

足繁く通うこと…つまりその販売店のマスターと顔見知り以上の関係を築けるよう、頻繁に行くようにしましょう!さしあたってまずは触りの情報を教えてくれることが多いですが、日々足を運ぶことにより様々な情報や裏技まで教えてくれるようになるはず。

最近では仕入れの難しくなってきている豆なんかも、「取り置きしておいたよ!」なんてフレンドリーに接してくれるようになります。また、コーヒーについてあまり知らないという方でも、イチから丁寧に美味しい飲み方を教えてくれるのも嬉しいメリットとなります。

仕事・私生活のモチベーションにしよう!

ただコーヒーについて教えてくれるだけでなく、どこそこのカフェがおすすめだの、美味しく飲めるアレンジはどうそうだの、近々どこでイベントがあるだのも話してくれるようになります。仕事の合間に気分転換として行くには、充分すぎるほど楽しい時間を過ごさせてくれます。

週末を使ったり仕事終わりの時間を活かしたりして、コーヒーのプロフェッショナルお墨付きの場所へ行く予定を立てたりすると、日々のモチベーションUP

にも繋がりますよ。

あわよくば資格取得も目指せる??

もちろん自らが努力しなくては目指せないものですが、コーヒーの資格というのは所得自体が難しいものが多いです。興味があっても勉強自体はやはり苦痛、という方も少なくはないのではと思います。

コーヒーの資格取得にあたって一番の関門となるのが、“導入”の部分。つまり何を学べばいいのか、そもそも基本となる知識はなんなのか…そういった部分です。そんな時頼りになるのが、その道のプロフェッショナルのお言葉でしょう。勉強を始める前に、まずはコーヒーについて知っていく上で、コーヒーショップの販売員とのコミュニケーションは大きな武器となります。

コーヒーへの興味を高められる絶好の場!

資格取得を目指せる!とまでは言い過ぎかもしれませんが(個人の努力が必要なので…)、業界の流れや美味しく飲むスキル、知識、出会いという意味では、コーヒショップ(販売店)はこれ以上ない素敵な環境です。

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、実はとても奥が深く興味の尽きない嗜好品。よりコーヒーを楽しみたい!という方にとって、日々コーヒーショップに足を運ぶアクションはまさにおすすめの一言です!

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!