コーヒーをもっと趣味に

コーヒーリキュールはどんな時におすすめ?

コーヒーリキュールはどんな時におすすめ?

“コーヒーのお酒”を飲んだことありますか?コーヒーリキュールは、カクテルに使われることの多い割とポピュラーなアルコール飲料です。どのような飲み方をするのか、またどんな時に飲むと良いかについて見ていきましょう。

「カルーア」などで有名なコーヒーリキュール

コーヒーリキュールはコーヒーを原料としており、多くのものが糖分を含み、甘く作られているのが特徴です。居酒屋やバーなどでは「カルーア」というコーヒーリキュールがよく使われているため、目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

コーヒーリキュールの種類

他、スピリッツをベースとするカルーアをはじめ、コーヒーリキュールの銘柄として以下のような銘柄が知られています。また、コーヒー豆を使用してはいるものの、クリームリキュールとして分類されているものもあります。

  • アイリッシュベルベット
    アイリッシュウィスキーをベースとするコーヒーリキュール。
  • アマヤ
    ブランデーをベースとするコーヒーリキュール。
  • ティアマリア
    ラムやスピリッツをベースとするコーヒーリキュール。
  • ボルスコーヒー
    コロンビア産のコーヒー豆を使用したコーヒーリキュール。

お酒が苦手な方や女性にもおすすめ

コーヒーリキュールの多くはミルクで割って飲まれることが多く、甘い飲み口のため女性にもおすすめのお酒として語られることが多いです。

先述した「カルーア」をミルクで割ったカクテルは、まるで甘いカフェオレを飲んでいるかのようなお酒。アルコールをほとんど感じないので、お酒が苦手な方でも飲みやすいです。ただし、お酒であることに変わりはありませんので飲みすぎには注意してくださいね。

バーでゆっくりと大人な飲み方をしたい時に

甘いカクテルが有名なコーヒーリキュールですが、本格的な“強いカクテル”を作る材料としても使われることがあります。

ウオッカとコーヒーリキュールを混ぜあわせた「ブラック・ルシアン」というカクテルは、ロックスタイルで飲む、アルコール度数の非常に強いお酒です。ウオッカに口当たりの良いコーヒーリキュールを混ぜあわせることで、強いながらも多少飲み口がまろやかになるのが特徴。

カフェなどで読書と音楽を楽しむような感覚で、ゆっくりと会話を楽しみながら…あるいはひとりでスタイリッシュな「大人の飲み方」をする時などにおすすめです。

贅沢な気分に浸りたい時に

コーヒーリキュールにも様々な種類がありますが、カクテルなどにせずロックで楽しむことができるものもあります。「パトロン XO カフェ」は、テキーラをベースにしたコーヒーリキュール。カルーア等のコーヒーリキュールよりも甘さが控えめに作られており、どちらかというとテキーラの強みが全面に押し出されているため、ロックで飲むのにぴったり。

氷が溶けるごとに変化していく味わいは、カクテルでは味わえない贅沢な楽しみ方だと言えます。時間をかけて贅沢な時間を過ごす…というのも、コーヒー、あるいはアルコール・ロックで飲む時ならではの演出です。

コーヒーとの組み合わせで寝酒にも

コーヒーリキュールとホットコーヒーをカクテルしたものが、寝酒としておすすめです。割合によっては、お酒というより“クラシックで苦味の効いたコーヒー”といった表現が近いように感じます。

生クリームを添えるなどすれば、デザートカクテルのようにもアレンジできるため、食後の一杯にも最適です。寝酒とはいえ飲みすぎて“コーヒーで酔う”なんてことのないよう気をつけるようにしましょう。

リッチな演出を欲しい時はコーヒーリキュールで!

コーヒーリキュールは菓子の材料にも使われたりと、様々な用途で使われることの多い万能なお酒です。そういったアルコール飲料だからこそ、「お酒が苦手でもカルーア・ミルクは好き」という方も多く、多くの方が楽しめるお酒です。

なにより、「コーヒー」と「アルコール」という贅沢な嗜好のマッチングからなっているコーヒーリキュール。わいわい飲むお酒…というよりも、自分と向き合いたい時のような貴重な時に飲んでもらいたいリキュールです。

泡盛ベースのものやテキーラベースのものなど、ロックで飲んでも美味しいコーヒーリキューもあるので、お酒好きの方は色々試してみましょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!