コーヒーをもっと趣味に

イチゴジャムコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

イチゴジャムコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

イチゴジャムを使って甘酸っぱくてフルーティな、イチゴフレーバーコーヒー作ってみませんか。今回は、簡単にできる「イチゴジャムコーヒー」の作り方をご紹介します。

イチゴについて

イチゴ(Fragaria)は、バラ科の多年草。イチゴの果実は、表面の種子のような一粒一粒のことを指します。食用とされている部分は花托(かたく)が発達したものであり、痩果(そうか)と呼びます。甘みがあるため、果物として紹介されるが、草本性の植物なので野菜として扱われることもあります。

いちごは本来、初夏が旬ですが、クリスマスなどの季節需要の高まりで、1990年代より12月から年末年始にかけて出荷量が一番多くなっています。

イチゴの成分と効果

  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ポリフェノール(アントシアニン)
    風邪の予防・高血圧予防・コラーゲンの生成作用をサポート・抗酸化作用
  • ペクチン
    食物繊維が豊富で整腸作用がある・腸内の善玉菌を増やす
  • キシリトール
    砂糖のような甘味があるが、虫歯予防に効果的でローカロリー

イチゴジャムコーヒーのレシピ

  • イチゴジャム:小さじ1~2杯
  • インスタントコーヒー:ティースプーン1杯
  • グラニュー糖:少々

イチゴジャムコーヒー材料

カップの口に水を塗り、グラニュー糖をつける

イチゴジャムコーヒーカップの口を濡らす

イチゴジャムコーヒーグラニュー糖をカップにつける

イチゴジャムコーヒーグラニュー糖

カップにインスタントコーヒーとジャムを入れ、湯をそそぐ

イチゴジャムコーヒーカップにイチゴジャムを入れる

イチゴジャムコーヒーを淹れる

よくかき混ぜて完成

イチゴジャムコーヒー完成

イチゴの甘酸っぱさとともに、カップの口についた甘さを楽しみ、ロシアンティ-風に飲むのがおすすめです。

ほのかにイチゴが香る一杯に

コーヒーにイチゴジャムを入れると、ほのかなイチゴの香りと甘酸っぱさが楽しめるコーヒーになります。甘さ控えめなので、カップにつけたグラニュー糖を少しずつ味わいながら飲むことで、ちょうど良い甘さのバランスになります。

フルーティなコーヒー豆と

甘く、ほのかな酸味のあるイチゴジャムコーヒーには、フルーティな風味を持つコーヒー豆がおすすめです。産地によって味わいの変わるコーヒー豆ですが、フルーティで知られる代表的なコーヒー豆として「エチオピア産」「タンザニア産」「ケニア産」などが挙げられます。

少し値は張りますが、フルーティかつ独特な香りを持つインドネシア産の「トラジャ豆」もおすすめです。

イチゴジャムコーヒーの作り方まとめ

イチゴジャムとグラニュー糖を使って、簡単にイチゴフレーバーコーヒーを楽しめます。今回はホットコーヒーで作りましたが、アイスコーヒーで作るのもおすすめですよ。ロシアティー風にカップにグラニュー糖をつける演出は、見栄えもよくおもてなしにもぴったりです。可愛らしいカップを選んで、是非試してみてくださいね。

 

 

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。