コーヒーをもっと趣味に

カフェインレス杜仲茶コーヒーの作り方【デカフェのレシピ】

カフェインレス杜仲茶コーヒーの作り方【デカフェのレシピ】

ダイエットブームを引き起こした杜仲茶、昨年から常飲している!という方も多いのではないでしょうか。今回は、カフェインレス杜仲茶コーヒーの作り方をご紹介します。

杜仲茶について

杜仲茶とは、中国原産の落葉高木トチュウの葉を原料としたお茶のことです。葉には、ミネラルが豊富で脂肪燃焼効果、デトックス効果などがあるとされており、幹の部分は古くから中国で漢方薬として使われてきた歴史があります。

杜仲茶を飲むと、1時間分のウォーキング効果があると言われており、「アスペルロシド」と呼ばれる腸で分泌される消化液の胆汁酸の分泌を促す効果があるとのこと。「胆汁酸ダイエット」と呼ばれるもののひとつで、基礎代謝がUPすることが研究で判明しています。

杜仲茶はこんな時におすすめ

杜仲茶は中性脂肪の吸収を防ぐと言われているので、ちょっと脂っこい食事を食べる時などにはうってつけ。風味はプーアール茶に似ており、苦みの後に甘みが感じられるのが特徴です。血圧や血糖が気になる年代の方にも良いとされています。

また、杜仲茶は健康茶として分類されており、むくみやセルライトの解消、生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

カフェインレス杜仲茶コーヒーのレシピ

  • カフェインレスコーヒー:ドリップバッグ1袋
  • 杜仲茶:50ml
  • 牛乳:50ml
  • シナモン:適量
  • ジンジャー:適量

氷入りグラスの上から、ドリップバッグコーヒーを淹れる

別容器に牛乳を入れ、レンジで温める

コーヒーに、シナモンとジンジャーを入れ、杜仲茶を加える

牛乳をフォーミングして乗せ

できあがり

甘味をプラスする時は、ガムシロップを使うのがおすすめです。

すっきりとした一杯

カフェインレスコーヒーに杜仲茶を合わせると、すっきりとした一杯になります。杜仲茶の独特な風味もスパイスとフォームドミルクを合わせることで、まろやかな風味を楽しめます。後からふんわりとシナモンとジンジャーが香るレシピです。

杜仲茶の成分を楽しむポント

杜仲茶の有効成分をしっかりと引き出したい場合は、杜仲茶の茶葉を10分以上煮だしてから使うのがポイントです。今回はアイスでご紹介しましたが、ダイエット中の方や冷え症のある方はホットで飲むのがおすすめです。

カフェインレス杜仲茶コーヒーの作り方 まとめ

ヘルシーな杜仲茶を使って、デカフェアレンジを試してみませんか。杜仲の葉が持つ独特な香りも、スパイスや牛乳を合わせることで、すっきりまろやかに楽しむことができますよ。

少しビターな味わいがお好きな方は、生の生姜を使うのもおすすめです。夏にピッタリのカフェインレス杜仲茶コーヒー、是非作ってみてくださいね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。