コーヒーをもっと趣味に

ドイツ式アイスコーヒーの作り方【世界の不思議なコーヒーレシピ】

ドイツ式アイスコーヒーの作り方【世界の不思議なコーヒーレシピ】

海外でアイスコーヒーを飲みたい!と思って注文しても、想像と違うものが出てくることを経験したことはありませんか。今回は、ドイツ式アイスコーヒーについてご紹介します。

ドイツのコーヒー文化

ビールやソーセージのイメージが強いドイツですが、ビールと同じくらいコーヒーを楽しむ国でもあります。フィルターで抽出したものが多く、甘いケーキやチーズなどと一緒に食べることが多いようです。

朝食とともにコーヒーを楽しむこと自体はどの国でもよく聞く話ですが、ドイツでは昼も夜も一日中コーヒーを飲む方が多いようです。コーヒー消費国ランキングでいつも上位に入るのも納得ですね。

ヨーロッパにはアイスコーヒーがない?

ヨーロッパのカフェを訪れたことがある方はご存知かもしれませんが、ヨーロッパには日本のようなアイスコーヒーがありません。冷たい氷入りのアイスコーヒーは、日本独自のコーヒーなのです。

じゃあ、ヨーロッパでアイスコーヒーを注文したら、どんなコーヒーが出てくるのでしょうか。今回は、ドイツ式アイスコーヒーとの作り方をご紹介します。

ドイツ式アイスコーヒーのレシピ

  • インスタントコーヒー:2g
  • バニラアイスクリーム:お好みの量
  • ホイップクリーム:お好みの量
  • 刻みチョコレート:適量

グラスでインスタントコーヒーを作る

コーヒーにバニラアイスクリームを加え、

ホイップクリームをのせる

仕上げに刻みチョコレートを振りかけ、

できあがり

グラスは耐熱のものを使用するか、別のカップでホットコーヒーを作ってください。チョコレートソースや、スライスアーモンドを合わせるのもおすすめです。

パフェのようなコーヒー

ドイツ式アイスコーヒーは、まさにパフェのようなコーヒーです。アイスクリームが入っているので、食べている間にコーヒーが冷えることを期待していましたが、やはり氷がないとぬるいまま。日本でイメージするアイスコーヒーとは違いますが、これはこれでデザートコーヒーのようで美味しく楽しめますよ。

ドイツ式アイスコーヒーの作り方 まとめ

ドイツ式アイスコーヒーは、アイスクリームやホイップクリームを贅沢にトッピングしたパフェのようなコーヒーです。見た目はとってもゴージャスで、とにかく甘い!そしてコーヒーは、ぬるいのですが、これはこれでとても美味しく楽しめます。

暑い日のおもてなしとしてもおすすめです。作り方もとっても簡単なので、是非、ドイツ式アイスコーヒーを作ってヨーロッパ気分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。