コーヒーをもっと趣味に

古くなったコーヒー豆の飲み方・淹れ方

古くなったコーヒー豆の飲み方・淹れ方

プレゼントでもらったコーヒーや、買い置きのコーヒーを飲み忘れて古くなった経験はありませんか。時間が経ってしまったコーヒー豆を気にせず飲む方も、再利用して別の使い方(消臭剤として等)もいますよね。今回は「古くなったコーヒー豆の飲み方」について考えてみましょう。

コーヒーの賞味期限について

コーヒー豆や粉の賞味期限は、コーヒーをおいしく飲める最適な期間として、メーカーや生産者が設定しているものです。コーヒーに関しては細かなルールがないため、極端に短いものや長いものなど、いろいろ目にする機会があると思います。

たとえ賞味期限から数日すぎても体調を崩してしまうほど劣化してしまうわけではありませんが、おいしく飲むために、期限を気にして楽しむことはとても大切なことです。

古くなったコーヒー豆を見つけたら

焙煎してから時間の経ってしまったコーヒー豆が目の前にあったら、飲むべきかどうか悩んでしまいますよね。そんな時は、まず、コーヒー豆を袋から出して、香りや豆状態を観察してみましょう。

保存方法や季節、経過した日数によりコーヒー豆にどのような変化が起こっているのかを確認して、どうするかを判断するのです。

カビていないか?

コーヒー豆にカビは生えていませんか、カビがあるとカビ臭で分かると思いますが、ざっと豆全体を確認するのをおすすめします。

湿気ていないか?

そして、豆を一粒手に取り、割ってみましょう。その時に「カリッ」と気持ち良い音がすれば、その豆は湿気を帯びていないはずです。

コーヒー豆を観察して、特に悪臭もなく、湿気も帯びていないことが確認できたら、そのコーヒー豆は飲める可能性があります。グラインドして、抽出してみましょう。

古くなったコーヒーの飲み方

古くなったコーヒーは酸化し酸っぱくなると言われている一方で、香りが弱まり、豆のクセがなくなり、まろやかになるとも言われています。

古くなったコーヒー豆の状態が良くても、そのまま飲むのはちょっと抵抗があるな…という方は古くなったコーヒー豆を、熱したフライパンで軽く焙煎してから飲むのがおすすめです。

失われた風味まで取り戻せませんが、熱を加えることで古くなったコーヒー豆を香ばしい焙煎したてのコーヒーのように変身させることができますよ。

古くなったコーヒーの淹れ方

古くなったコーヒーはガス(焙煎時に発生する二酸化炭素)が抜けてしまうため、湯を含んでもほとんど膨らみませんが、普通のコーヒーと同じようにしっかりと蒸らしを行ってから抽出しましょう。

焙煎度合いが深いコーヒーの場合、コーヒーの油が気になりますよね。このような場合は、ペーパーフィルターを2枚重ねて抽出すると、豆の余計なオイルをペーパーが吸着してくれるのでいくらかクリアなコーヒーを淹れることができます。

古くなったコーヒー豆の飲み方、まとめ

古くなったコーヒー豆を楽しむ場合は、風味や異臭がないかなど、豆の状態を確認することが大切です。

飲めると判断できた場合には、通常のコーヒー豆と同じように、しっかりと蒸らしてから抽出しましょう。古くなったコーヒー豆は、香りやクセが弱くなり、ガスも抜けるため膨らみませんが、まろやかで飲みやすいといわれています。

とはいえ、焙煎度合いや産地、保存方法によっても風味は変化するので、ひとつひとつ確認しながら試しましょう。

古くなったコーヒーの風味が乏しいな、と感じた時はフレーバーシロップなどでアレンジコーヒーにしたり、新鮮なコーヒーをプラスするのも楽しみ方のひとつです。

古くなったコーヒー豆は心配ですが、飲める状態のものもないわけではありません。飲む場合、よく観察した上でくちにするようにしましょう。とはいえ、できる限り”古くなった”状態になる前に飲むのがベストではありますが…。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。