コーヒーをもっと趣味に

コーヒー粉とコーヒー豆の違い

コーヒー粉とコーヒー豆の違い

みなさんはコーヒーを購入される際に、豆を購入されていますか?それとも粉を購入されますか?自宅で飲むコーヒーにはあまり手間はかけたくありませんが、豆と粉では少し違いがあります。

ここでは、よりおいしくコーヒーを楽しむために、コーヒー粉とコーヒー豆の違いについて探っていきたいと思います。

コーヒー豆とは

コーヒー豆とはコーヒーノキから採取される種子のこと。生産されたままの生の状態である生豆と、加熱加工された焙煎豆に分かれています。

コーヒー豆の賞味期限

焙煎豆は、常温で密封保存した場合の賞味期限は豆の場合で2週間程度、粉砕した後では2日程度といわれています。

なぜこんなに賞味期限が短いのかというと、コーヒーの香味が時間によって劣化するからです。コーヒー豆を焙煎した直後から、焙煎豆に含まれる成分の酸化や蒸発が進行しはじめ、時間とともにコーヒーに抽出したときの香味が損なわれます。

また、豆から粉へ表面積が増加するため、粉砕した後には香昧の劣化の進行が早いといわれています。

コーヒー豆の保存方法

生豆の状態なら、水分含量が高くなりすぎないように気をつけて保管すれば、少なくとも3年~5年と、長期にわたる保存が可能です。

家庭で、短期間に使い切る場合には室温保存でも問題はないですが、長期保存するのであれば、冷蔵庫や冷凍庫で保存することをおすすめします。ただし粉にした後で保管する場合には、低温から室温に戻したときに吸湿するため、密封容器にいれることが望ましいと言われています。

また、焙煎直後の豆は、2日間焙煎豆から大量の二酸化炭素が発生します。したがって、焙煎直後の豆を気密性の高い袋に密封すると、破裂する可能性もあるので十分注意して下さい。

この期間中はコーヒーに抽出した場合の味が安定しにくいともいわれています。

コーヒー粉とは

コーヒー粉とは、コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状にしたものです。お湯を注ぐだけで手軽にコーヒーが完成します。ですが粉挽きにした場合、空気と接する面積は20倍以上になるので一気に酸化が進み、熟成ではなく劣化の方向に大きく傾いてしまいます。

コーヒー粉の賞味期限

賞味期限が過ぎているからといって飲めなくなるわけではありません。サラサラした粉の状態であれば飲むことは出来ます。しかし開封後は、日数が経過すればするほど、コーヒー本来の風味がなくなってしまいます。

なのでおいしいコーヒーを飲むのであれば、できるだけ早く飲むことをおすすめします。賞味期限を過ぎているからすぐに飲めなくなるというわけではなく、サラサラした粉の状態であれば十分飲むことは可能です。

コーヒー粉の保存方法

コーヒー粉は、開封前であれば直射日光を避け、低温、乾燥した場所で保存することで約3年程もちます。冷蔵庫や冷凍庫への保管をすることで、香味の劣化を遅くすることができます。

コーヒー粉を保管する場合は密封容器に入れ、冷蔵庫または冷凍庫で保管しましょう。

コーヒー粉とコーヒー豆の違いまとめ

コーヒー豆・コーヒー粉はどちらも、保管をきちんとすれば、長期にわたり保存が可能だという事が分かります。しかし焙煎したコーヒー豆の場合は、粉砕後の賞味期限が2日と短いのが、コーヒー粉との大きな違いです。

おいしいコーヒーを飲むのであれば、コーヒー粉は開封後はなるべく早く飲むという事。コーヒー豆も粉砕した後出来るだけ早く抽出するということに注意頂くと、コーヒー本来の風味を損なわず、淹れたてのコーヒーが味わえます。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!