コーヒーをもっと趣味に

コーヒーは豆と粉どちらで買うべき?

コーヒーは豆と粉どちらで買うべき?

コーヒーを購入する時、豆の状態で買いますか?それともグラインド後の粉の状態を選びますか?豆と粉、コーヒーの保存方法を考えた時、果たしてどちらがいいのでしょうか。

コーヒーを保存する時に気をつけたいこと

  • 酸化
    コーヒーは焙煎した時から酸化が進み、時間とともに劣化していきます。酸化することで味の質が落ち、文字通り酸っぱくなっていってしまいます。
    酸化の原因は「空気に触れること」です。なるべく酸化しないよう、密閉して保存することが大切です。
  • 温度
    コーヒーは温度の高い状況に置いておくと劣化していきます。同様に、直射日光の当たる場所に置いておくのも避けるべきです。気温が10℃あがることで、賞味期限が半分になってしまうとも言われています。
    なるべく低温状態で保存しましょう。
  • 湿度
    コーヒーは焙煎で水分を飛ばしているので、湿度のある場所に置いておくと湿気をおびて痛みやすくなってしまいます。密閉容器に入れ、湿度の少ない場所、もしくは風通しの良い場所で保存しましょう。

コーヒーを粉で保存すると?

メリット

  • 手早くコーヒーを淹れることができる
  • 特別な道具が必要ない(コーヒーミルなど)
  • どこでも購入できる

デメリット

  • 長期保存の場合香りが抜けてしまう
  • 酸化速度が速いため劣化も速い

粉で保存する場合の注意点

コーヒー豆は粉にすると、空気に触れる面積が増えるため、豆の状態よりも酸化が進みやすくなります。粉の状態で販売されているコーヒーは、すでに酸化がはじまっている状態のため、早めに消費しなくてはなりません。

保存が長期になる場合は、冷蔵や冷凍で保存し酸化・劣化しないよう注意しましょう。

コーヒーを豆で保存すると?

メリット

  • 毎回挽きたての香りを楽しむことができる
  • 粉の状態より酸化が進みにくい

デメリット

  • コーヒーミルが必要で、毎回手間がかかる
  • 長期保存の場合、油が浮き出てくることがある

コーヒー豆のままで保存する場合、表面的な酸化はすすむものの、グラインドしてからコーヒーを抽出するのでコーヒー本来の香りや味わいを損ないにくいです。

自分のコーヒースタイルに合わせて選ぼう

コーヒーを豆の状態で保存するか粉の状態で保存するかは、自分のコーヒースタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。例えば、「コーヒーを挽いてる余裕がない」「1日にコーヒーを淹れる頻度が多い」という方は、粉で保存しておく方が手間なく手早くコーヒーを楽しめます。
逆に、「挽きたてが飲みたい」「美味しいコーヒーを淹れたい」という方は手間がかかっても豆の状態で保存しておくべきです。粉・豆ともに一長一短あるので、一概にどちらがいいとも言い切れません。
とはいえ保存状態のみを条件として見るのであれば、やはり豆の状態で購入することをおすすめします。自分のコーヒースタイルに合わせて購入するようにしましょう。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。