コーヒーをもっと趣味に

コーヒー豆の品質を表す取引用語

コーヒー豆の品質を表す取引用語

コーヒーは国際コーヒー機関(ICO)でグループに分けられ、取引されています。今回は、4つの取引用語「コロンビアマイルド」「アザーマイルド」「ブラジル&アザーアラビカ」「ロブスタ」についてご紹介します。

コーヒーの国際取引

コーヒーは、ニューヨークとロンドンの取引所で「先物取引」という形式で行われます。アラビカコーヒーはニューヨーク取引所、ロブスタコーヒーはロンドン取引所で4つの取引用語でグループにわけられて取引されています。

4つの取引用語とグループ

  • コロンビアマイルド
    コロンビア、ケニア、タンザニアの3つの生産国の水洗式アラビカコーヒーのことを指します。水洗式とは、果肉除去を行ったのちに水洗いし乾燥させる工程で、設備費用がかかってしまう反面、混入物が少なく綺麗な状態で出荷することができるため、コーヒー豆そのものの価値が高いです。
  • アザーマイルド
    メキシコ、ペルー、エルサルバドル、ジャマイカ、コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、インド、ベネズエラ、ボリビア、パラグアイなどの中米産水洗式アラビカコーヒーで、コロンビアマイルド以外のもの。
  • ブラジル&アザーアラビカ(アンウォッシュドアラビカコーヒー)
    ブラジル、エチオピアなどのアラビカコーヒーのことで、こちらは乾燥式の製法を取っています。
  • ロブスタ
    上記3つとは根本的に違う“ロブスタ種”です。マダガスカル、ウガンダ、コンゴ、カメルーン、アイボリーコースト、インド、インドネシア、タイ、ベトナムなど。

品質と価格について

コーヒー豆

コーヒー取引市場では、【ロブスタ】<【ブラジル&アザーアラビカ】<【アザーマイルド】<【コロンビアマイルド】の順に品質が高くなります。

4つのグループのうち、ロブスタは低価格低品質という扱いですが、ブラジル&アザーアラビカ、アザーマイルド、コロンビアマイルドの3つは、どれが一番高値で取引されるかは、品質だけでなくコーヒー豆の収穫量や世界的な需要に応じて変動します。あくまでも取引上のグループわけです。

スペシャルティコーヒーの取引について

スペシャルティコーヒーの取引は、先物ではなく「現物取引」で行われます。相場が低迷して一般のコーヒー国際相場が生産国の生産者コストを下回った段階・場合でもスペシャルティコーヒーの価格はほとんど連動せず、品質本位の価格交渉が行われます。

スペシャルティコーヒーとは?

コーヒー豆は世界各国で異なる等級付けがされており、豆のサイズや欠点豆の数、産地の環境によって基準がまちまちです。それとは別に、スペシャルティコーヒー協会が定めた基準によって万国共通で区別されているグレードが「ロー」「コモディティ」「プレミアム」「スペシャルティ」の4つ。

スペシャルティコーヒーとは、生産者や農園などの追跡まで行うことのできるコーヒーを指し、その安全性と品質によって高価格で取引されているコーヒのことを言います。

つまり、「丁寧に育てられ高品質で安全性の高いコーヒー豆」をスペシャルティコーヒーと呼ぶことができるのです。

スペシャルティコーヒーの概念とは

品質を表すコーヒー取引用語まとめ

コーヒーは「先物取引」という形式で、アラビカ種はニューヨーク市場で、ロブスタ種はロンドン市場で取引が行われています。品質の高い順に「コロンビアマイルド」「アザーマイルド」「ブラジル&アザーアラビカ」「ロブスタ」というくくりで、4つのグループに分けられています。

4つのうちロブスタは低価格低品質という扱いですが、ブラジル&アザーアラビカ、アザーマイルド、コロンビアマイルドは、品質だけでなくコーヒー豆の収穫量や世界的な需要に応じて価格が変動します。コーヒー取引上のグループは品質によりわけられてはいますが、価格は品質に比例しません。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。