コーヒーをもっと趣味に

手軽に始めるコーヒーダイエット

手軽に始めるコーヒーダイエット

情報誌などでたびたび特集されるダイエット。様々な方法があり、どれが効果が高いのか悩みどころです。特定の食材を使ったダイエットも人気が高い方法です。そのなかでも、コーヒーにダイエット効果があることをご存じの方も多いでしょう。

では、どのように効果を発揮するのでしょうか。

ダイエット効果について

カフェイン・クロロゲン酸、Wの脂肪分解効果

カフェインには、リパーゼという酵素の働きを活発にする効果があります。脂肪はリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されなければ燃焼できません。

また、クロロゲン酸にはカフェインと同様に脂肪の分解を促進する効果があります。カフェインとクロロゲン酸の相乗効果で脂肪分解を促します。

代謝を促進

カフェインには血行を良くする効果があり、基礎代謝を高めます。女性に多い冷え性や肩こりの解消にもつながります。

リラックス効果

コーヒーには、リラックス効果もあります。コーヒーの香りによるα波で、心も体もリラックス。ストレスの軽減に繋がります。

コーヒーの飲み方とタイミング

クロロゲン酸摂取には浅煎り豆

カフェインとともにダイエットに効果が高いクロロゲン酸も、しっかり摂取したいところです。クロロゲン酸は熱に弱い特徴を持つため、「深煎り」ではなく、「浅煎り」のコーヒー豆が適切です。

インスタントよりもドリップ

インスタントコーヒーでも効果を得られます。しかし、ドリップの方がよりカフェインやクロロゲン酸が多くなるため、ドリップをおすすめします。

1日の摂取量

毎日3杯程度、1杯約5カロリーのブラックコーヒーが効果的です。コーヒーに含まれているカフェインは砂糖を入れる事で減少します。

ブラックが苦手な方は微糖程度に控えましょう。カロリーも抑えられます。

運動の30分前に飲もう

カフェインは飲んでから効果を発揮するまで、20分ほどかかります。カフェインの効果をダイエットに活用したいのであれば、運動の約30分前に飲みましょう。体内の脂肪が燃焼されやすい有酸素運動を行うことをおすすめします。

コーヒーダイエットのデメリットとリスク

飲み過ぎに注意

過剰な摂取は体調の悪化に繋がります。カフェインの摂取量の上限は1日に300~350mlと言われています。コーヒー1杯に約150ml前後のカフェインが含まれているので、1日3杯程度に抑えましょう。

ガン、糖尿病などの研究では、コーヒーを適量飲む人がもっとも疾病率が低いとの報告もあります。適量に満たない場合も、それ以上飲んでも疾病率は上がると言われています。何事も適量が大事ですね。

過去にテレビでも紹介されたことのあるコーヒーダイエット。手軽に始められるのが1番ダイエッターにとっては嬉しいことです。気軽に始められるコーヒーダイエット、ぜひお試しください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!