コーヒーをもっと趣味に

たんぽぽコーヒーの効果と入手方法

たんぽぽコーヒーの効果と入手方法

たんぽぽコーヒー。妊娠経験のある方は耳にしたことがあるのではないでしょうか。たんぽぽコーヒーとは、”コーヒー”と名前がついていますが、実はコーヒーではありません。

たんぽぽに含まれるクロロゲン酸の風味や飲み口がコーヒーに近いため、コーヒーの代用として飲用されています。「たんぽぽ茶」と呼ばれることもあります。たんぽぽコーヒーについて少し詳しく見ていきましょう。

たんぽぽコーヒーの特徴

たんぽぽコーヒーは見た目や風味がコーヒーとよく似ていますがノンカフェイン飲料です。そのため、カフェイン摂取を控えた方がよいとされている妊婦さんでも安心して飲むことができます。また、就寝前に飲んでも睡眠の妨げになることもありません。

タンポポは中国では古くから漢方薬として、ヨーロッパでも昔から薬草として使用されています。

たんぽぽコーヒーの作り方

  1. 収穫したたんぽぽの根を丁寧に洗い、よく乾燥させます。
  2. よく乾燥させた根に火を通して焙煎します。
  3. 冷めてからミキサーなどで細かく砕いて粉末に。

ここでご紹介した作り方以外にも様々な作り方があるようです。要は、乾燥させ、火を通し、細かく粉砕することでドリップコーヒーのように楽しむことができる、というわけです。

自宅で採取から手作りしてみるのも楽しいですが、たんぽぽの根5本程度に対したんぽぽコーヒー1杯ほどしか抽出できないため、簡単に…とは言い難いです。

たんぽぽコーヒーの効能、効果

母乳の出を良くし乳質を改善する効果

たんぽぽの根に含まれる苦味成分の働きが、代謝の働きを良くすることで母乳の分泌を促進します。また、血液を浄化する作用があることから、血液が原料である母乳の質を良くすると考えられています。

利尿作用による効果

たんぽぽには強い利尿作用があることからむくみの改善に効果を発揮します。また、腎臓の機能を改善するといった効果もあるようです。

胃や肝臓の機能向上に効果的

たんぽぽの葉や茎に含まれる成分には、胃の働きを活発にする働きがあります。胃もたれ・食欲不振・消化不良などの症状に有効であると考えられています。また、胆汁の分泌を促進する作用もあります。肝臓における脂質代謝を助けることから肝臓病の改善につながります。

冷え症や便秘の改善

たんぽぽの成分には血液循環を促進させる作用があることから、冷え症の改善に有効です。また、緩下作用といって排便を促進する作用もあることから便秘の対策としても効果的です。

たんぽぽコーヒーの販売店

・健康食品などを販売しているお店
・ネット通販でも取扱店は多数
・たんぽぽコーヒーを専門に製造販売している店舗も
たんぽぽの産地にこだわり、国産をはじめ、無農薬栽培で品質を重視している店舗もあります。

市販のたんぽぽコーヒー

市販されているたんぽぽコーヒーは、手軽なティーパックや、紙フィルターを使用して本格的に味わえるドリップタイプがあります。また、粉末や顆粒状になったインスタントタイプの商品もあります。その他、甘味とフレーバーを加えてオリジナルな風味の商品も販売されています。

効能や効果からもわかるように、たんぽぽコーヒーはいろいろな健康効果があり、とてもお勧めです。ぜひ一度試してほしい”コーヒー”です。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!