コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの実は食べられる?実は昔は食べ物だったコーヒー

コーヒーの実は食べられる?実は昔は食べ物だったコーヒー

コーヒーの果実を見たことがありますか。赤く、小さなオリーブに似た小粒の果実で、チェリーのように甘い果肉がついているんですよ。今では、種子であるコーヒー生豆を焙煎してコーヒーを飲むのが主流ですが、エチオピアでは食べられていたことがあるそうです。今日は「コーヒーの実は昔、食べ物だったのか?」についてお伝えします。

コーヒーについて

コーヒーとは、コーヒーの木に生る果実の種子のことです。コーヒーの木は、アカネ科コーヒーノキ属の植物で、常緑で光沢を帯びた葉と、白い花をつけます。その花のあとに、実が生り、熟し、果実の種子の部分がコーヒーの原料であるコーヒー豆になります。

コーヒーの実が食べられていたという2つの伝説

コーヒーの起源については、諸説ありますが、「ヤギ使いカルディ」の伝説と、「イスラム教の僧侶シェーク・オマール」の伝説をご紹介します。

coffee_farm

ヤギ使いカルディの伝説

9世紀頃、エチオピア南部のアビシニヤ高原に、野生のコーヒーが人目に触れることなく育っていました。ある日、ヤギ使いのカルディは、コーヒーの木になっている赤い実を食べたヤギが、飛び跳ねて興奮しているのを発見しました。カルディはそのことを修道院の僧侶に相談し、その実を食べてみることにしました。その実は甘酸っぱく、食べることで全身に精気がみなぎり、気分がスッキリしました。その話を聞いた僧侶たちは、夜の勤行の眠気覚ましとして、コーヒーの赤い実を煎じて飲むようになりました。

イスラム教の僧侶シェーク・オマール

13世紀中頃、罪に問われ、モカから追放されたシェーク・オマールは、食べるものもなくオーサバという土地をさまよっていました。そこで、小鳥がコーヒーの赤い実をついばみ、陽気にさえずっているのを見て、その実を採り、煮込んでみることにしました。赤い実で作ったスープは、すばらしい香りで、飲むと心身に活力が湧いてきたことから、その後、彼は赤い実を使い、多くの病人を救いました。このこと国王に認められ、シェーク・オマールは罪を許され、モカへ戻ることができました。そしてその後も多くの人々をコーヒー助けたことから、後に聖者として崇められるようになりました。

どちらの伝説もコーヒーの実を食べて、興奮したり、スッキリするなどの覚醒作用を発見した、というニュアンスの物になっているのが特徴的ですね。この伝説は、コーヒーの起源のお話として広まっていますが、年数を経るにつれて脚色されていったとも言われています。とはいえ。コーヒー好きとしては是非知っておきたいお話のひとつです。

食用コーヒーとしての文化

エチオピアの南西部に住むオロモ族は、コーヒー果実をバターと炒め団子状にしたものを、侵攻する際の携帯食にし、疲れを知らず戦い続けることができたと言われています。

また、エチオピアでは、高原地帯にコーヒーの木がたくさん自生していたこともあり、その果実の種子を古くから煮てスープにして食べる習慣が長く残っていたそうです。

コーヒーの実は昔は食べ物だった?まとめ

coffee_cups_and_bean_tree

コーヒーの木が自生するエチオピアでは、コーヒーの実を食べる習慣がありました。煮出してスープにしたり、バターと炒めて団子にして携帯食にしたりと、その食べ方はさまざまですが、コーヒーを食べることによる興奮作用や、すっきり感などは、当時から知られていたようです。たくさんの人々に愛されるコーヒーの歴史や、昔話は、とても魅力的で興味深いものばかりです。愛飲家の皆さんも遠いコーヒーの歴史に思いをはせながら、一杯のコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!