コーヒーをもっと趣味に

ココアはコーヒー飲料ではない?

ココアはコーヒー飲料ではない?

ココアがどのような飲み物なのかをご存じですか?コーヒー飲料だと思われている方もいるようですが、厳密にはコーヒーとは異なる飲み物です。ここではココアについてお伝えします。

ココアとは

カカオの種子を発酵、焙煎させた後、種皮と胚芽を取り除いてすり潰し、油脂分を搾油し残った部分をパウダーにしたものです。そのパウダーがココアパウダーで、これを溶かしたものがココアと呼ばれています。

カカオ豆とは

カカオ豆の学名は、「あおぎり科 テオブロマ属 カカオ」と言われており、カカオの種子のことを指します。「テオブロマ」とは神様の食べ物という意味で、メキシコ・アステカ族の神話に由来します。王様や貴族などが食した貴重な食べ物でした。

カカオの栽培条件

カカオの樹は、南北緯20度以内、年間平均気温27度以上の高温多湿な地方で生産される亜熱帯植物です。主に南アフリカ、東南アジア、中南米で栽培されています。

ちなみに、私たちがよく目にするコーヒー豆は、ココアと同様に果実の種子を焙煎したものです。南北緯25度以内の環境で育つという条件も似ています。コーヒーとココアは別物であっても、栽培環境的には兄弟のようなものなのです。

ココアとホットチョコレート

コーヒーとココアを混同する人はあまりいないかもしれません。しかし、ホットチョコレートとココアの違いについて知る人は少ないです。。

原料のカカオマスからは、ココアの他に固形チョコレート、チョコレートソース、チョコレートシロップができます。このチョコレートを溶かした飲み物が「ホットチョコレート」です。先に述べたように、焙煎し、種皮・胚芽・油脂分を除いたココアパウダーを使ったものがココアです。

ココアと健康

ココアには食物繊維、ビタミン、ミネラル、カカオポリフェノール、テオブロミンなどの栄養成分が豊富に含まれています。そのためダイエット、冷え性解消、ストレス解消効果、風邪などの予防、貧血改善、冷え性改善、便秘改善、美肌エイジングケアに良いと言われています。

一方で、ココアには血管収縮作用を有するチラミンが含まれているので、頭痛を引き起こす原因があるとも言われています。飲み方、飲む量には気をつけるようにしましょう。

 

ココアの飲み方

  • ココアは一日1~2杯をホットで飲むことがおすすめです。飲みすぎるとお腹がゆるくなることがありますので注意しましょう。
  • カフェインが含まれているので朝飲むと頭がすっきりします。
  • 砂糖やミルクが含まれていない準ココアやピュアココアを選びましょう。

ココアはコーヒー飲料ではない?まとめ

色や扱い、産地の特性から、コーヒー飲料として混同されがちなココアですが、そもそも原材料からして違うということを念頭におきましょう。また、コーヒーと同様に、ココアが健康に及ぼす効果や影響には「飲み過ぎ」がやはり関わってきます。飲み方や飲む量に注意し、ほどよくココアライフを送るようにしましょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!