コーヒーをもっと趣味に

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインコーヒーの違いとは

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインコーヒーの違いとは

すっかりおなじみになったデカフェや、ノンカフェイン。セルフのコーヒーショップでも気軽に購入できるようになりましたし、普段愛飲しているという方も多いのではないでしょうか。

でもデカフェとノンカフェインって、何が違うのが知っていますか。今日は「デカフェ」、「カフェインレス」、「ノンカフェイン」の違いについてご紹介します。

デカフェについて

デカフェ(decafe)とはディカフェネイテッド(decaffeinated)の略で、もともとカフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたものや、カフェインを添加する飲食物にカフェインを添加せず、カフェインを含まなくなったもののことです。

カフェインレスについて

カフェインレス(caffeine less)とは、デカフェと同様に、カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除き、カフェイン含有量を減らしたものです。

デカフェとカフェインレスは同じ解釈

カフェインを取り除いたものは、デカフェやディカフェ、カフェインレス、カフェインフリーなどと表示されていますが、どれも元々カフェインを含んでいるものから、カフェインを取り除いたもののことです。

デカフェはカフェインを抜いたもの、カフェインレスはカフェインを減らしたもの、というように別もののようにとらえられている場合がありますが、どちらも脱カフェイン処理でカフェインを取り除いていることに変わりありません。

ノンカフェインについて

ノンカフェイン(non caffeine)とは、カフェインを全く含まないもののことです。ノンカフェインのものには必ず、「ノンカフェイン」「カフェインゼロ」などと表示されています。

ノンカフェイン飲料として人気のあるものは、代用コーヒーとよばれるもので、穀物の根や穀物などを使ってコーヒー風に楽しめるようになっています。

ノンカフェインとカフェインレスの違いとは

ノンカフェインは、カフェインを全く含んでいないもので、カフェインレスはカフェインがわずかに含まれているものです。

どちらの場合もパッケージには必ず「ノンカフェイン」「カフェインゼロ」、「カフェインレス」「カフェイン何パーセントカット」など、わかりやすく表示されていますので、よく確認して購入しましょう。

日本ではカフェイン含有量に対する規定がない

ヨーロッパでは、デカフェに一定の規格が設けられていて、カフェイン含有量がコーヒー豆中の0.2%以下であるもの以外は「デカフェ」という名称を使うことができません。

また、アメリカでも健康上の理由によりカフェインレス・コーヒーの需要が高く、カフェインレス・コーヒーの市場は全体の10%を占めるようになりました。

日本でも少しずつデカフェやカフェインレスという名称は知られてきていますが、まだまだ需要が少ないため、カフェイン含有量に対する厳密な規定が存在していません。

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違いとはまとめ

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違いは、カフェインと含んでいるかどうかということです。

元々カフェインを含んでいるものから、カフェインを取り除いたもののことを「デカフェ」「カフェインレス」、全くカフェインを含んでいないものを「ノンカフェイン」といいます。

カフェインレスもノンカフェインも必ずパッケージに表示がありますので、お探しの方はよく確認して購入してくださいね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。