コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの飲みすぎを防ぐには?

コーヒーの飲みすぎを防ぐには?

コーヒーを飲めば、頭がスッキリするという人は少なくありません。コーヒーに含まれるカフェインは、適量であれば脳を活性化させる効果があります。

しかし、摂取量が多すぎると逆に脳に悪い影響を及ぼすのです。

1日のコーヒー摂取の適量とは

1日何杯程度までが適量なのでしょうか。多くの方は 、「朝に1杯、昼に1杯」という場合が多いと思います。なかには「1日中飲んでいる」「飲まないと、集中できない」という方もいらっしゃるのかもしれません。

アメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインによると、カフェインの安全な摂取量は約400mgまで。コーヒーのカフェイン含有量は、およそ100mlあたり60mgとされています。これは、普通のコーヒーカップで約4杯分となります。

これが、カフェインが凝縮されているラテの場合、16オンス(約473ml)のカップに約150mgのカフェインが含まれるそうです。

コーヒーの容量別カフェイン摂取量

それぞれカップに換算すると1日あたり3~4杯が適量です。

コーヒーカップ(150ml)

1日4杯まで

缶コーヒー(200ml)

1日3本~4本まで

マグカップ(240ml)

1日3杯まで

コーヒーに頼りきって生活している場合、”慢性のカフェイン中毒”になっている可能性があります。コーヒーを定期的に飲まないと頭痛がする、集中できない、気分が落ち込むなどの症状がある方は要注意です。まずは少しずつカフェイン摂取量を減らし、コーヒー(カフェイン)への依存を軽くしていきましょう。

急性のコーヒー中毒の場合は、普段より多いカフェインを摂取してしまったときなどに起こるようです。こちらも十分注意しましょう。

急性カフェイン中毒の症状とは

例えば、大きなカップに並々と注がれたラテなどを一気飲みし、カフェインを多量に摂取したという場合、次のような症状が起こることもあるそうです。

  • めまい、頭痛
  • 発熱
  • 腹痛、嘔吐感
  • 心拍の異常
  • 消化器官の異常
  • ショック症状
  • 不眠

上記のような症状が出たとき、ひどい場合はすぐに病院へ行く必要があります。軽度の場合は、水をたくさん飲むなどして、とにかくカフェインを体外に出すよう心がけてください。

適量のコーヒーはストレス緩和につながりますが、飲み過ぎても逆効果。1日3~4杯、適量までに留めるのが理想的です。

コーヒーの飲みすぎを防ぐには

コーヒー飲む理由として、『目が覚める』『頭がスッキリする』といったカフェインの効果を求めることが多いと思います。他にもコーヒーには、香りによる癒し効果でリラックスできる効果もあります。

コーヒーには、『タンポポコーヒー』や『どんぐりコーヒー』など、『代用コーヒー』と呼ばれるものがあるのはご存知でしょうか。この代用コーヒーにはいろいろな種類があり、そのほとんどがノンカフェイン(デカフェ)です。そのため、カフェイン依存症など、カフェインによる悪影響の心配なくコーヒータイムが楽しめます。妊婦や授乳中の方にも安心して飲んで頂けます。

コーヒーを飲みすぎてしまうという方は、代用コーヒーを試してみてはいかがでしょうか。適量を守り、コーヒータイムを楽しみたいですね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!