コーヒーをもっと趣味に

【ネスプレッソ】Cosi(コズイー)

【ネスプレッソ】Cosi(コズイー)

ネスプレッソのカプセルコーヒーのご紹介。今回のカプセルは名前からして面白く「Cosi(コズイー)」という名のカプセルです。イタリア語で“Cosi cosi.”と言って「まあまあ・ほどほど」という意味なのです。何とも微妙な名前を持っているカプセルですが、いざ飲んでみるとその意味が納得できるのです。

「Cosi(コズイー)」の注目ポイント。

  • 比較的、酸味が強め
  • カフェラテなのに爽やか

Cosiのマイルドな良さ

Cosiの最大の特徴は「マイルドさ」です。エスプレッソというと苦みやコクの中にある複雑さを意識するかもしれませんが、そういったものがCosiは弱い傾向にあります。

一方で他のカプセルと比べて、酸味が効いて爽やかさを併せ持っています。カプセルの中では比較的浅めの焙煎なのでしょう。そのため程よく明るい、絶妙な飲みやすさがあります。

つまり「苦いエスプレッソ」を前提に飲むと、かなりマイルドに感じられます。しかし飲みごたえも程よくあり、Cosi cosi(まあまあ)らしさが良い感じのコーヒーです。

砂糖:隠れた豊かさ

酸味系のエスプレッソに砂糖ということもあり、好みが分かれるところです。濃いエスプレッソと砂糖が絡み合うようなカラメルテイストを求める方は、違和感を覚えるかもしれません。しかし砂糖のマイルドさの中に風味の豊かさがあり、個性やクセが好みの方は意外とハマるかもしれません。

酸味と砂糖の組み合わせが苦手な方は、これからお話しするカフェラテに砂糖を加えると、とても飲みやすいです。

ミルク・クリーム:明るく丸いラテ

とても飲みやすく美味しいのですが、普通のカフェラテと少し違うところが面白みです。カプセルの中では最も明るい部類なので、爽やかさと丸みを併せ持ったカフェラテに仕上がります。

カフェラテというと昼間には少し重いと思う方も多いでしょう。しかしCosiのカフェラテは、まったく重みを感じさせません。この爽やかなカフェラテを、ぜひ試して頂きたいです。

Cosiの美味しい飲み方

こんな時にオススメ

  • 強いエスプレッソを避けたい時
  • ほっと一息、落ち着きたい時

オススメのアレンジ:ロマーノ

エスプレッソを加える前に、「レモンの皮でカップの縁を一撫で」してみてください。

これはロマーノというアレンジコーヒーです。するとビターオレンジやグレープフルーツのような、爽やかさ・ほろ苦さ・酸味がエスプレッソに混ざって、夏場に良いエスプレッソに仕上がります。

またレモンが家にないときは、オレンジや柑橘系のエッセンスを使ってみても良いでしょう。

マイルド×明るさのCosi

Cosiは明るい飲みやすさが特徴的で、夏場にゆっくり寛ぎたいなという時は、LivantoやVollutoよりオススメです。エスプレッソ特有の複雑さは弱く、一方でイルガチェフェのように快活すぎでもない風味が、Cosi cosi(まあまあ)という程よさなのでしょう。

この何とも言えない良さを楽しんでいただきたいものです。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。