コーヒーをもっと趣味に

美味しいコーヒーの基礎学【フレンチプレス編】

美味しいコーヒーの基礎学【フレンチプレス編】

フレンチプレスと呼ばれる抽出器具、使ったことはありますか?紅茶用としても親しみ深く、技術少なく美味しいコーヒーを簡単に淹れることができるのが特徴です。今回は、フレンチプレスの基本についてご紹介します。

フレンチプレスでコーヒーを楽しもう

フレンチプレスとは、フランスでコーヒー用の抽出器具として開発されたものです。容器に挽いたコーヒー粉を入れ、湯に浸し、ダイレクトにコーヒー液を抽出することから、コーヒー本来の味わいをあますことなく楽しむことができます。

フレンチプレスは、ドリップ式で淹れるスッキリした風味に比べ、風味豊かでコーヒー豆本来の個性を引き出してくれる特性を持っています。そのため、シングルオリジンなど単一のコーヒーの個性を味わいたい時におすすめの抽出方法です。

美味しく淹れるコツ

フレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れるコツは、少量の湯で蒸らしを行う時に「コーヒー粉をヘラなどで撹拌すること」です。まんべんなくコーヒーに水分を含ませながら軽く蒸らしを行うことで、しっかりとコーヒー成分を抽出することができます。

抽出は4分が基本

器具にコーヒー粉を入れ少量の湯で蒸らした後、熱湯をゆっくりと注ぎ入れます。ここでやっとフタをして4分間、コーヒー粉を熱湯に浸らせて抽出を行います。時計がない場合は、コーヒー粉が落ち着いて、容器の底のほうにまとまっていく頃が目安になります。

プレスはゆっくりと行う

フレンチプレスで抽出が終わったら、いよいよプレスを行います。プレスはゆっくりと行うことが、美味しく楽しむポイントです。一気に行うと、コーヒー粉が撹拌し抽出液の方に混ざり込んでしまったり、器具の底に沈殿している雑味などを多く拾い上げてしまう場合があります。慎重にやさしくプレスしてくださいね。

おすすめのコーヒー分量

フレンチプレスはコーヒー粉に水分が吸収される部分が多いので、通常のコーヒーよりも粉も湯も多めに用意してください。一杯分を淹れる場合は、コーヒー粉12gに対して湯は160mlほどがおすすめです。(コーヒーの焙煎度合いによって調整してください。)

粗挽きがおすすめ

コーヒー豆のスモーキーな風味を楽しみたい時は、深煎りの粗挽き豆を使用するのがおすすめです。ペーパードリップ同様、コーヒーは抽出する直前に挽いて、部屋中を挽きたてのコーヒーの香りで満たしてからフレンチプレスを楽しむのがオツな淹れ方です。

アイスでもホットでも楽しもう

フレンチプレスといえばホットで楽しむイメージがありますが、アイス用として楽しむこともできますよ。まずフレンチプレスで通常よりも多めの粉、少なめの湯で濃いめのコーヒーを作ります。抽出が終わったら、氷入りのアイスグラスにコーヒーを注いでください。氷が溶けて、ちょうど良い味わいのフレンチプレス式アイスコーヒーができますよ。

コーヒー初心者にもおすすめ

おいしいコーヒーを家で淹れてみたい!と思っている、コーヒー初心者の方にもフレンチプレスはおすすめです。他の抽出器具に比べ、特別な道具やテクニックがほとんどいらないため、誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。

上記で記載しているように、「抽出時間」と「丁寧なプレス」を守るだけで、しっかりとコーヒー豆の風味を引き出すことができますよ。

美味しいコーヒーの基礎学【フレンチプレス編】まとめ

フレンチプレスの基本は、コーヒー粉を均等に湿らせるための撹拌をしっかりと行い、時間を守ってやさしくプレスすることです。簡単に使用できる器具だからこそひとつひとつの工程を大切に行うことで、より美味しいコーヒーを淹れることができます。

コーヒー豆本来の味わいをダイレクトに感じられるフレンチプレスで、あなたも美味しいコーヒーを楽しんでみませんか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。