コーヒーをもっと趣味に

【ケニア】レッドマウンテン

【ケニア】レッドマウンテン

ケニア産のコーヒーの中でも、おそらく知名度の高いコーヒーが、今回の「レッドマウンテン」でしょう。そして初めてケニアのコーヒーを飲むときに、選ばれることの多いポピュラーなコーヒーでもあります。

そして実は、ケニアのコーヒーの代表格になった背景には、名前に隠された品質やストーリーが秘められています。

「レッドマウンテン」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:フルシティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    鮮烈で、甘くフルーティーな香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    ラズベリーのような甘酸っぱい香り

風味

  • ケニアらしい強さ・充足感のある風味
  • ケニア産の中では、酸味がやや抑えられている
  • 重みがある

こんな時にお勧め

  • 気分転換したい時に
  • 力強いコーヒーが飲みたい時に
  • 朝・昼にお勧めのコーヒー

レッドマウンテンとは?

赤土のコーヒー

レッドマウンテンは名前の通り、赤い土地で生産されたコーヒーです。レッドマウンテンは、ケニアの首都ナイロビの北にある、キアンブ地区やニエリ地区で作られています。実はこの地域、火山性土壌の肥沃な赤土で覆われています。だからレッドマウンテンなのです。

今回はレッドマウンテンの銘柄の中でも、ニエリ地区のNyeri Hill Estateで作られたコーヒーをご紹介します。

初心者向けケニア産コーヒー

このレッドマウンテンは、ケニアらしい力強さを持ちつつも、個性が出過ぎていないため、飲みやすく仕上がっています。特にケニアらしい力強さや酸味は、好き嫌いの分かれるところなので、レッドマウンテンから試してみるとお勧めです。

ペーパードリップ:ケニアらしく、飲みやすい

ケニアだなと納得させてくれるコーヒーです。

コクの重厚さ・酸味・甘みが特徴的で、充足感・力強さに満ちています。ナッツを思わせるコクと甘みは、滑らかながらも、しっかりとした土台となっており、コーヒーに安定感をもたらしています。一方の酸味は、その安定感に刺激を与えるスパイス的な存在です。

余韻はコクと甘みが中心で、ケニア産の中では比較的穏やかな印象です。(ケニアの中ではの話です。)ただ穏やかながらも、しっかり余韻まで風味を感じられる点は、ケニアらしさを想起させてくれます。

そしてこれらが混ざり合うことで、豊かさに満ちたテイストが感じられます。それは、ナッツのような落ち着いた印象・ラズベリーのような酸っぱさ・八朔のようなほろ苦い果実感など、風味の多様が、コーヒーの面白さを改めて実感させてくれます。

今回の抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:83℃

フレンチプレス:レッドマウンテンが詰まった一杯

コクと甘みが引き立った淹れ方です。

酸味も感じられますが、刺激はコクと甘みによって和らいでいます。しかし甘みの安定感やコクの力強さは健全で、土台はしっかりしている辺りに、ケニアらしさを感じられます。レッドマウンテンの持つ風味を全て引き出しているため、味わい深いコーヒーです。

酸味が和らいでいるので、テイストとしては飲みやすいものの、コクや甘味の重厚感が重たく感じられ、飲みづらい側面もあります。重厚さが好みの方にはお勧めですが、軽やかさ・明るさが好みの方は口に合わないかもしれません。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

エスプレッソ:酸味が出てくる

エスプレッソにしては、フルシティローストでも、酸味が強めでストロングなコーヒーに仕上がります。その強さには、ケニアだなと感じさせられるでしょう。ただその中に甘さやコクも感じられるので、豊かさに満ちたエスプレッソでもあります。

焙煎は浅いと酸味の一色で、甘みやコクの弱いアンバランスさが目立つので、フルシティ以上がお勧めです。

水出しコーヒー:安定さと柔らかさ

深めの焙煎では、ボディと甘みがしっかり出ていて、なおかつ柔らかさがあるため、芳醇なカカオのような雰囲気がします。

酸味は、柔らかさによって適度に抑えられており、他の抽出方法と比べると、風味のバランスに優れています。このボディの厚さの一方で、スッキリした側面もあり、余韻はどこか濃い麦茶やハブ茶のような印象も受けます。

浅めではこの風味より軽やかでフルーティー感が出てくるでしょう。しかしケニアの力強さを堪能するのであれば、シティー以上の深さがお勧めです。

今回の抽出方法

  • 豆の分量:120mlあたり10g
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出方法:水に浸して6時間

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:濃いめのミルクがお勧め
  • 砂糖 :濃いコーヒーはGOOD

濃いめのミルクでカフェオレにするとお勧め

重厚さがあるため、ミルクに負けないテイストのコーヒーです。そのためどのようなミルクでも相性が良いです。中でもお勧めは濃厚なミルクです。混ぜるとコクや甘さと混ざって、キャラメルやプラリネのようなテイストが出てきます。特にペーパードリップのコーヒーでは、酸味が程よく効いており、飽きないテイストなので飲みやすさもあります。

飲みやすいケニア産

好き嫌いの分かれやすい酸味は弱めですが、力強さを備えているため、ケニア産コーヒーの中では飲みやすい部類と言えるでしょう。それが初心者にお勧めできる理由です。

頻繁に飲まれる方は日常用のケニア産コーヒーとして、初めて飲まれる方は試しとして飲まれてみてはいかがでしょうか。

コーヒー豆の情報

  • 名称:レッドマウンテン
  • 産地:ケニア、キアンブ・ニエリ地区
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:フルシティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。