コーヒーをもっと趣味に

但馬屋珈琲店 本店

但馬屋珈琲店 本店

新宿駅前から昭和レトロにタイムスリップ

新宿駅西口から北に歩くこと少し。思い出横丁の入り口に佇む純喫茶がある。

瓦屋根のファサードに、歴史を感じる木製の看板。絵本作家がデザインしたという、焙煎機の前に立つ愛らしいキャラクター(その名もたじまる)のロゴマークが、老舗コーヒー店の風格を際立たせる。

但馬屋珈琲店(タジマヤコーヒーテン)の創業は1964年。都内に4店舗あるうちの、ここが本店だ。

店内は濃い茶色を基調としたノスタルジックな雰囲気。無造作に壁に貼られたメニューや案内、額縁の作品たちが、親しみやすさを醸し出している。

1階と2階が客席で、2階の一角には焙煎室がある。

オリジナルブレンドは、強い深煎りコーヒー。酸味が全くないのが特徴だ。
この味にたどり着いたのは、他社との差別化を図るためにどこよりも深煎りを追求したからだそう。他では味わえない一杯を求める常連客に、長年愛され続けている。

4種のブレンド以外に、ストレート豆の品揃えも豊富。メニューにはそれぞれの特徴が書かれており、コーヒー初心者にやさしい。

本格的なコーヒーを手軽に自宅で楽しめるドリップパックは、ギフトにも人気。

新鮮な生豆を自家焙煎し、ネルドリップで抽出するのが、但馬屋のこだわり。近年のコーヒーブームのトレンドに左右されないオリジナルスタイルだ。

営業時間中にも、挽き立てのコーヒー豆が焙煎室から運ばれてくる。年季の入った缶が、店の歴史を物語る。

コンビニで手軽にコーヒーを買える時代。喫茶店に行く理由が、コーヒーではなくWi-Fiや電源であったりするようなニーズが増える大都会の真ん中で、ここは立ち寄る人がほっとひと息できる空間になっている。

カップ&ソーサーは、骨董品好きの社長が集めた120種類以上のコレクションの中から、お客さんそれぞれの雰囲気に合うものを選んでいるという。

店のキャラクター・たじまるが描かれたオリジナルの有田焼があり、遊び心を感じられる。

古めかしいランプなどもコレクションのひとつ。店内を見回して好みの品を探すのも楽しい。

アップルパイは、オリジナルブレンドの味に合わせて改良を重ねたという但馬屋の定番商品。つやつやの表面に、大きなリンゴがたっぷり入った、昔懐かしいおやつ。

コーヒーとホワイトチョコレートのハーモニーが楽しめるカフェ・ショコラは見た目も華やか。自家焙煎コーヒー店ならではの本格的な味わい。

1時間毎に鈍い音を鳴らす古時計、重厚感のあるカウンターと椅子。すり減った階段の一段一段、天井から剥き出しの電線。

ここにある全ての要素によってつくりだされるレトロな空間が、新宿を通過する誰をも迎え入れてくれる。そして訪れる前よりも、ちょっといい気分になって、みんなこのドアを出て行くのだ。

但馬屋珈琲店本店 店舗情報

住所:東京都新宿区西新宿1-2-6

移動時間:新宿駅西口より徒歩2分

営業時間:月〜日10:00~23:00(ラストオーダー22:30)

定休日:元旦

wifi:なし

電源:なし

喫煙:全面喫煙可

HP:http://tajimaya-coffeeten.com/

About the Author

A7ICE ART&design 兼松江梨

喫茶店天国愛知県出身のアートディレクター。「おしゃれカフェ<喫茶店」主義。古くから愛され続けているものに魅力を感じ、喫茶店巡りをするようになる。市内にある様々な珈琲店に祖父母とモーニングに行くのが子どもの頃からの娯楽。