コーヒーをもっと趣味に

トンボロ

トンボロ

小説の舞台になりそうな空気感

ちょっと大人の気分で散歩したい時にぴったりの神楽坂エリア。坂の両側にどこまでも軒を連ねる様々なジャンルの店が、道行く人を飽きさせることはない。

メイン通りから脇にそれたひっそりとした場所に、ジブリ作品を彷彿とさせる佇まいを感じる喫茶がある。濃い茶色のファサードには、懐かしさや古めかしさが溢れている。おばあちゃんの家に来たような感覚かも知れない。

店内は、カウンターとテーブル席を合わせて15席ほどで、家のような落ち着いた雰囲気がある。ステンドグラスから差し込む光が美しい。

メニューは手書きで、味のある文字。

コーヒーは、Aの「香りと酸味」とBの「コクと苦味」の二種類のブレンドがある。苦味のコーヒーが好きなので、Bのブレンドを注文。

名前の通り、正にコクと苦味が楽しめる。品のあるカップ&ソーサーのデザインが魅力的。

スイーツも充実しており、コーヒーに合いそうなラインナップに心惹かれる。

写真のないメニューなので、どんな見た目なのかは考えてもいなかったのだが、テーブルに運ばれて来たホットケーキには、パフェさながらの感動があった。

シロップ漬けのフルーツと甘さ控えめの柔らかい生クリームが添えられている。

切り込みが入れられて食べやすいだけでなく、ケーキ型の見た目が可愛らしい。

ふんわりと焼かれたシンプルな風味の生地と、さらさらで甘さ控えめのシロップが懐かしいおいしさ。二枚重ねでちょうど良い食べ応えが、午後のおやつにぴったり。

ところで、この店の目的だったプリンがメニューにない。古い雑誌の特集で見つけて一目惚れしたのだった。もうなくなってしまったのだろうか?
気になるのは、店内に小さな出入り口があり、隣のお店と繋がっていること。もしかして隣のメニューなのか?

やはりプリンは系列店SKIPAのものだった。「お店が違うんですが、特別に出します」と、ご好意でご提供くださった。
これぞ元祖プリン!と思わせる、ヴィジュアルと味。やさしい手作りのおいしさに、ほっとした気持ちになれる。

視覚と味覚で楽しませてくれるコーヒーとおやつに出会いに、神楽坂にでかけてみてはいかが?

トンボロ店舗情報

住所:東京都新宿区神楽坂6-16

移動時間:東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩4分

営業時間:月〜金10:00〜19:00、土日祝9:30〜18:00(閉店30分前がラストオーダー)

定休日:木曜・第5日曜

wifi:なし

電源:なし

喫煙:全面喫煙可

About the Author

A7ICE ART&design 兼松江梨

喫茶店天国愛知県出身のアートディレクター。「おしゃれカフェ<喫茶店」主義。古くから愛され続けているものに魅力を感じ、喫茶店巡りをするようになる。市内にある様々な珈琲店に祖父母とモーニングに行くのが子どもの頃からの娯楽。