コーヒーをもっと趣味に

コーヒーアレルギーの症状と対処法

コーヒーアレルギーの症状と対処法

コーヒーによるアレルギーをご存知でしょうか。コーヒーを飲んだあと、しばらくするとなんだか体がだるい、気分が悪い、頭痛がする、下痢になる、痒くなる。このような症状が発症する方もいるのでは?

カフェインや添加物に反応している場合もありますが、これらの症状はコーヒーアレルギーの可能性も疑われます。まだほとんど知られていないコーヒーアレルギーとはどのようなアレルギーなのでしょうか。

コーヒーは遅延型のアレルギー

コーヒーアレルギーは「遅延型食物アレルギー(IgG)」と呼ばれるタイプのアレルギーです。遅延型アレルギーとは、摂取してから数時間~数日後に症状が出るアレルギーのため、体調不良の原因がアレルギーと特定しにくく、気が付かないことも多くあります。

コーヒーアレルギーの代表的な症状とは?

コーヒーアレルギーの代表的な症状としては

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 蕁麻疹
  • 下痢

といった、様々な体調の悪化があります。原因不明の倦怠感、鼻炎の悪化などの症状は、もしかしたらコーヒーアレルギーが原因かも知れません。

コーヒーアレルギーはコーヒー好きの人ほどなりやすい?

摂取し過ぎるというのも、アレルギーになる原因のひとつと言われています。許容量は人それぞれ違いますが、同じものを飲み続けることによって体の限界値を超えることも考えられるのです。花粉症などが代表的な例ですよね。

何年も毎日コーヒーを飲み続けている人は、もしかしたら自分の体調不良の原因がアレルギーにあると疑ってみてください。

コーヒーアレルギーに似た症状としてカフェイン中毒も考えられる

また、コーヒーを摂取しすぎることによる体調不良にはアレルギーの他に「カフェイン中毒」という原因も考えられます。軽度のカフェイン中毒でも吐き気、不眠、目眩いなどの症状が現れ、重度になってくると幻覚が現れたりすることもあるのです。

カフェイン中毒の場合は、コーヒー以外のカフェイン含有飲料を摂取した場合でも症状が現れますの。栄養ドリンクや緑茶などを飲んだ場合にも、コーヒーと同用に気分が悪くなる方に関してはコーヒーアレルギーではなくカフェイン中毒の可能性が高いのです。

コーヒーアレルギーの治療の方法

アレルギーというのは、原因となるものを取り除いた生活を送ることで改善されていきます。短くても半年は、コーヒーを飲まない生活をしなければなりません。 アレルギー治療の難しいところは、コーヒーそのものだけ取り除いても効果がないところ。アレルゲンが原材料として使用されていないか、細かくチェックする必要があります。

アレルゲンの除去と食生活の改善を行い、体の内側から浄化していきましょう。このような生活を続けることで、アレルギー症状が改善され再びコーヒーが飲めるようになる可能性が十分あるのです。

アレルギー改善には“断る勇気”が必要

coffee_no

今では仕事や付き合いの中で欠かせないコーヒーですが、アレルギーのある方は“しっかりと断る勇気”が大切になります。 自分の体調のためにも『コーヒーアレルギーなので…』、ときちんとお断りするようにしてください。

コーヒーアレルギーは、まだまだ認知度が低いため、アレルギーといっても信じられづらく驚く方も多いでしょう。しかし、これを機会に相手の方にしっかりと説明すれば、コーヒーアレルギーの認識をもってもらう良い機会です。

コーヒーアレルギーの症状を知り改善の対策を

いかがでしたか?上記の症状に当てはまる方は、コーヒーアレルギーやカフェイン中毒の可能性が考えられます。コーヒーアレルギーかどうかは、病院でも検査可能ですし、検査キットも発売していますので疑わしい症状がある方は調べてみてはどうでしょうか。

コーヒーに限らず、健康のためには何でも適量というものがあります。これを機会に、ご自分の食生活を見直してみるのも良いですね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!