コーヒーをもっと趣味に

世界をまたぐスターバックスコーヒーの歴史

世界をまたぐスターバックスコーヒーの歴史

スターバックスコーヒーは、ご存知の通り世界規模で展開しているコーヒーチェーン店です。スターバックスの生みの親は、英語教師のジェリーボルドウィンと作家のゴードンボーガーと言われています。

二人は、アラビカ種のピーツコーヒーのすばらしさに感動し、コーヒー豆を選んだり、煎ったり、抽出の仕方などを学び、1971年にコーヒー豆の販売店をシアトルに出店したのが始まりです。

スターバックスの開業

開業当時はコーヒーを焙煎する会社だったのですが、1982年に入社したハワード・シュルツ氏は、コーヒー豆だけではなく、エスプレッソを主体としたドリンク類の販売を提供しました。

しかし、ハワード・シュルツ氏は数年後には会社を退社し、1987年には自分の会社を設立。エスプレッソを主体とした店頭販売を始めました。

シアトルスタイルの火付け役に

店頭販売を始めたことで、シアトルの学生やキャリアウーマンの間で人気が高まり、シアトルスタイルのカフェブームの火付け役となりました。コーヒーを片手に街を歩く姿は少し憧れますね。

カフェスタイルを作り出した現在の社長ハワード・シュルツ氏は、スターバックスの店舗と商標を購入し、ワシントンのシアトルにスターバックス一号店が誕生しました。そしてその後、次々と店舗を拡大し、全世界に約5,000店舗を展開するほどになっています。

スターバックスジャパンの誕生

1995年、スターバックスコーヒー・インターナショナルが、日本のサザビーと合併し、スターバックスコーヒー・ジャパンを設立しました。

1996年には銀座の松屋通りに、第一号店をオープン。その後、神奈川、千葉、そして、関西第一号店、梅田にと、次々に店舗を拡大しています。今では全国どこへ行っても見かけるようになり、日本では約600店舗もあります。日本人の生活の一部になっているといっても過言ではありません。

朝早くから夜は23時まで開いており、好きなライフスタイルで楽しめるようになっています。

スターバックスの歴史まとめ

「スタバ」の愛称で親しまれている世界的なコーヒーチェーン。現在のブランド入りのカップを持ち歩くスタイルの、先駆者と言っても言い過ぎではないように思えます。

スターバックスコーヒー。今後も、なにかしらの発展の土台を作ってしまいそうな、そんな期待すら感じさせてくれます。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!