コーヒーをもっと趣味に

コーヒーメーカー「メリタ」の歴史

コーヒーメーカー「メリタ」の歴史

コーヒー機器のメーカーとして有名なメーカー「メリタ」はドイツで誕生しました。メリタは、主婦の考案から独自のペーパードリップシステムを開発しました。ペーパードリップシステムにおいては、他者の追随を許さない確かな技術をもつメーカーとも言われています。

では、一体どのようにしてメリタのペーパーフィルターが誕生したのか、メリタ100年の歴史についてお話したいと思います。

歴史は100年前のコーヒー抽出方法から

現在では当たり前のようにある淹れ方”ペーパードリップシステム”は、およそ100年前の1908年、 ドイツの一都市ドレスデンに住む主婦、メリタ・ベンツによって考案されました。

メリタ・ベンツの日課

メリタは愛する夫ヒューゴのため、おいしいコーヒーを淹れるのが日課でした。当時、家庭でのコーヒー抽出は布や金網で行い、手間がかかる上に不衛生だったそうです。カップにカスが入ってしまい、 半分飲んでは新しく継ぎ足し、カスを流しながら飲むという効率の悪さでした。

現在のように誰でも手軽においしいコーヒーを飲めるわけではなかったのです。

試行錯誤の日々

タオルやその他の布地を使った実験を繰り返すものの、なかなか思うようなコーヒーを淹れることができませんでした。上手く濾せたように見えても、渋みが増していたり味がなかったりしてしまうのです。

きっと何かいい方法があるはず…とメリタは自分に言い間かせ、「世の中には常に自分よりうまくやれる賢いやつがいる」という父の言葉を思い出しながら、何度も実験を重ねる日々は続きました。

ペーパードリップシステムの誕生

誰もが簡単に淹れることの出来るコーヒーを、そして手軽においしいコーヒーを夫に飲ませてあげたい。毎日そう想い思考錯誤していたメリタ・ベンツは、ある方法を考え出しました。小さな穴をいくつか開けた真鍮製の容器(後のフィルター) に1枚のろ紙とコーヒーの粉をのせ、お湯を注ぐ方法を考え出したのです。

この方法なら、コーヒーの粉がカップに入ることもなく、ゴミ捨ても簡単に出来ます。しかもコーヒーの余計な雑味をろ紙が吸うので、味もおいしい。これが、世界で最初のペーパー・ドリップシステムの誕生です。

ペーパードリップを世界に広めたメリタ

そのシステムはドイツ国内で瞬く間に広まり、4年後の1912年には、ペーパードリップに使用するドリップペーパーを生産するための工場を建設するまでに成長しました。

その後、事業を引き継いだ息子のホルスト・ベンツは、もっと使いやすいシステムにならないかと改良に挑んだ結果、円錐形で溝の付いたのフィルターとペーパーを完成させたのです。

この淹れ方は、1937年ドイツで特許を取得しています。その形は現在にいたっても、当時の形状をほとんと変えずに残っています。

コーヒーメーカー「メリタ」の歴史 まとめ

メリタは、当時のペーパードリップという新しいシステムを開発した会社であるため、現在でも家庭向けコーヒーメーカーにはドリップ式のコーヒーを淹れるためのものを主に販売しています。

ドイツの主婦によるひらめきから1年待たずに大成功を収めたメリタ社は、初のコーヒーメーカー製造者。コーヒーと言えばメリタと言っても過言ではないくらい、深い関わりがあることが分かります。

今ではコーヒーを淹れるのに当たり前となったペーパードリップシステムを発明した、メリタの歴史。知名度・評価ともに非常に高いコーヒーメーカーのひとつです。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!