コーヒーをもっと趣味に

コーヒーインストラクター2級とは

コーヒーインストラクター2級とは

コーヒーに関する資格はいくつかありますが、より深くコーヒーに携われるプロを目指すには、まずはコーヒーインストラクターの取得を目指すことをおすすめします。今回は数多くの資格の中から、コーヒーインストラクター2級についてご紹介します。

コーヒーインストラクター2級について

コーヒーインストラクターとは、全日本コーヒー商工組合連合会が、正しい知識の普及とコーヒー技術の向上を目的として立ち上げた、コーヒーに関する資格認定制度です。

2級から1級、鑑定士へとランクアップも可能

コーヒーインストラクター2級は、コーヒー販売やカフェスタッフなど、対面販売の仕事に役立つ資格で、2級に合格すると1級、さらにはコーヒー鑑定士へとステップアップしていくことも可能な資格です。

コーヒーについての基礎知識と鑑定技術が身に付く

コーヒーインストラクターは、コーヒーの生産国や産地別の特徴、カッピング、コーヒー成分の焙煎による変化や抽出技術など、普段の生活ではなかなか知ることのできないコマーシャルコーヒー(スペシャルティやプレミアムではない、いわゆる普通のコーヒー)についての基礎的な知識と鑑定技術を身につけることができるのが特徴です。

コーヒーインストラクターの資格は一度取得すれば更新もいらないので、特に人気があります。

コーヒーインストラクター2級受講の注意点

コーヒーインストラクター2級検定の受講・受験には定員があるため、募集が始まったら早めに申し込むと安心です。募集日程はJ.C.Q.A.(全日本コーヒー商工組合連合会)のホームページをチェックしてください。

J.C.Q.A.(全日本コーヒー商工組合連合会)のホームページはコチラ

受験資格を得るためには、検定講習会を受ける必要があるので、仕事をされている方は無理のない日程を選ぶようにしましょう。

試験内容について

コーヒーインストラクター2級試験には筆記と実技があり、実技は1問で10点満点、筆記は90点満点、100点満点中70点以上で合格です。

実技は正解できれば得点が高いのですが、普段からコーヒーに接していない方には難しいかもしれません。テキストを猛勉強して筆記で80点を目指すのが得策です。

コーヒーのプロになるためにおすすめの資格

コーヒーインストラクター2級_資格_プロ

コーヒーインストラクターの資格は、2級、1級、鑑定士とランクを上げるごとにより専門的な内容になり、コーヒーについて知っているだけでは足らず、深く理解していなければステップアップできない、資格の中でも難しいもののひとつです。

2級は、その入り口となる最も基礎的な知識が試されます。コーヒー業界でプロを目指している方には持っていて損のない資格となります。また、自分の中のコーヒー知識を試してみたい方や、コーヒーが好きでより専門的な知識を得たい人にもおすすめです。

コーヒーインストラクター2級はコーヒー専門家の登竜門

コーヒーインストラクター2級とは、コーヒーの正しい知識と技術の向上を目的として立ち上げられた資格認定制度のひとつ。

コーヒーの生産国・特徴・カッピングなど、コーヒーに関する幅広い基礎知識と鑑定技術を身につけられるため、コーヒーのプロを目指し専門的な知識を身につけたい人や、コーヒーの仕事に携わる人、これからコーヒー業界に携わろうとしている人におすすめの資格です。

コーヒーの資格の中でも難易度は高めですが、コーヒーについてより深く知ることができるので、コーヒーについて興味がある方は是非チャレンジしてもらいたい資格です。

コーヒーインストラクター2級の試験対策

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。