コーヒーをもっと趣味に

カフェオレに合う豆「ブラジル・ショコラ」

カフェオレに合う豆「ブラジル・ショコラ」

カフェオレに合うコーヒー豆「ブラジル・ショコラ」を紹介します。農園の名前は「サントアントニオ農園」。お店によってはこの農園の名前で販売しているかもしれません。その名の通り、ショコラのようなコクと甘味が特徴で、カフェオレに最適なまろやかな味わいが特徴です。

今回の飲み方

ブラジルショコラ豆

ペーパードリップ

  • 使用器具:コーノ式名門ドリッパー
  • 豆の分量:30g(二杯分)
  • 挽き具合:中細挽き

カフェオレについて

  • 豆の分量:30gで抽出量は通常の半分
  • コーヒー:60ml
  • 生クリーム:60ml(乳脂肪分30%)

ブラジル・ショコラの特徴

このコーヒーは、まさにショコラと呼ぶにふさわしい味と香りがします。抽出したコーヒーからは、ローストアーモンドのようなナッツの香りと、高級チョコレートのような甘さとコクが口いっぱいに広がります。まるでジャンドゥーヤのような感覚です。

酸味はあまりなく、コクと甘味、香ばしさのバランスが良く、安定感のある印象です。ガツンと来る強いコーヒーというよりはまろやかで優しいコーヒーです。そのため、ストロングコーヒーが苦手な方には良いかもしれません。

カフェオレで楽しむ

ブラジルショコラ完成品

コクと甘味に優れているので、濃厚な牛乳ととても相性が良く、カフェオレには最適なコーヒー豆かもしれません。カフェオレにすることで、とてもまったりとした穏やかな味わいになります。

また、さらにまろやかなコーヒーにしたいという方は、生クリームをトッピングしてみるのも良いかもしれません。

深めの焙煎で濃く淹れる

カフェオレで飲むときは、少し深めの焙煎で濃く淹れることをお勧めします。

シティorフルシティロースト(中深煎り)程度で、甘味とコクと苦味のバランスがちょうど良いくらいです。フレンチロースト以上の深煎りだと、濃くて美味しい反面、豆の特徴が感じづらくなるかもしれません。

カフェオレに合う豆「ブラジル・ショコラ」まとめ

ブラジル・ショコラはコクと甘味のあるまったりとした味なので、仕事終わりで一息つきたい時、一日の疲れを癒したいときにはピッタリの銘柄です。まろやかさと落ち着いた味わいを持つ「ブラジルショコラ」、ぜひ一度飲んでみてください!

豆の情報

  • 名称:ブラジル・ショコラ
  • 農園:サントアントニオ農園
  • 産出国:ブラジル
  • 焙煎:中深煎り(シティロースト)
  • オススメの飲み方
    ペーパードリップ(充足感が感じられる)
    カフェオレにすると美味しい
  • 購入店:珈琲問屋
  • 購入店URL:http://www.tonya.co.jp/

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。