コーヒーをもっと趣味に

フローラルなマンデリン「インドネシア:マンデリン・ラスナ(中煎り)」

フローラルなマンデリン「インドネシア:マンデリン・ラスナ(中煎り)」

マンデリンは深いボディやスパイシーさが有名ですが、それは中深煎り以上の場合です。では浅めの焙煎ではどうかと言うと、何とフローラルな表情を見せてくれることがあるのです。

今回のマンデリンの主要産地であるシディカランで採れたラスナ種は、そんな表情を見せてくれる一杯なのです。

「マンデリン・ラスナ」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:ミディアムロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    甘酸っぱくフローラル。若い果実のようなフレッシュさ。
  • アロマ(コーヒーの香り)
    完熟したプラムのような、酸っぱさと甘ったるさ。

風味

  • 明るくフローラルなテイストに心地よいスパイシーさ
  • ところどころで感じられる甘さがポイント

こんな時にオススメ

  • エキゾチシズムにひたりたい時
  • 意外性を求めている方
  • 昼間に飲むコーヒーに

中煎りとマンデリン

マンデリンというと深煎りというイメージがつきものです。これには幾つかの理由があります。一つはマンデリンを深く焙煎したときの、独特のコクと深い複雑さです。そしてもう一つは、浅めの焙煎が流行る以前、つまり深煎りの時代からずっと愛されてきたことがあります。

しかしマンデリンの中煎りは、良いものであればフローラルやトロピカルと表現される、意外な風味を見せてくれるのです。ただ当時の苦みとコクのコーヒーと比べると、あまりにも鮮烈すぎたようなのです。

ペーパードリップ

スッキリした透明感のある飲み口で、ベルベットのようでスーッと口の中に引き込まれていきます。

フレーバーは瑞々しさと甘さがあり、ジャスミンとプラムを足して2で割ったようです。フローラルながらも柔らかさを持ったテイストで、透明感のある酸味が最大の個性に見られます。この酸味はトロピカルで、フレーバーの甘みと混ざることで、エキゾチックさを覚えます。

余韻はスパイシーさが強く、そこにチョコレートのような甘いコクが見え隠れするあたりは、インドネシアらしいなと感じさせてくれます。

中煎りなら中低温

浅めのマンデリンの面白いところは、マンデリンというとコクのイメージを覆すようなテイストです。

それをぜひ活かすためにも、若干温度を低めにしてみるとオススメです。すると明るさがよくよく出てきて、鮮烈さが光ります。たあだ温度が低すぎるとスパイシーさなどの複雑さに欠けるので、そこは気を付けてください。

およそ75~80℃がオススメです。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:75~80℃

ネルドリップ

ネルの落ち着きを持った印象が加わることで、フルーティーで新鮮なナッツといったような感触が印象的です。そこにナツメグのような少し落ち着いたスパイシーさが感じられます。

余韻は丸く、他の抽出方法と比べると最後のスパイシーさが弱めです。滑らかさが好みの方は、ネルドリップを使用すると好みの味に仕上がるでしょう。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80℃

フレンチプレス

ドリップと比べると爽やかさが印象的です。クリーンな酸味にビビッと来るスパイシーさは、「シナモンを振りかけたカモミールティー」といったような印象を受けます。爽やかさのために甘味はあまり感じられず、スルッと簡単に飲めてしまいます。

余韻のスパイシーさと爽やかさは、若干イエメン産のモカフレーバーに似た印象です。明るく爽やかな酸味の中に、スパイシーな複雑さが垣間見えるところは、注目ポイントですね。

今回は浅煎りということもあり、マンデリンとは思えない驚きの爽やかさを覚える一杯です。

オススメの抽出方法

  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒
  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き

サイフォン

他の抽出方法と比べると、スッキリ透明という感触が強く感じられます。

甘みは丸みに覆い隠され感じられづらいのですが、その丸みに心地よさを覚えます。その丸みは酸味さえも綺麗に包み込むため、酸味もキュンと来る感触も弱めです。

丸みや素直さはコーヒーを飲みやすくしていて、酸味が苦手な方でも簡単に飲めるでしょう。一方で個性の強さという点では、ドリップやフレンチプレスに劣っていると感じられるかもしれません。

「マンデリン・ラスナ」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:あまり良くない
  • 砂糖 :あまり良くない

飲むならブラックがオススメ

あまりにも鮮烈なため、ミルクや砂糖との相性はあまり良くない印象です。

特にミルクの円やかさは、コーヒーのトロピカルでスパイシーさとは相対するものなので、上手く噛みあわずモヤモヤした印象のカフェオレに感じられます。また砂糖に関しては、もともと爽やかで甘さがあるため、加えなくても十分飲みやすい印象がします。

そして何といっても、この鮮烈さを楽しんでもらいたいので、ぜひブラックで飲んでもらいたいところです。

鮮烈さを味わってみよう

浅めの焙煎のマンデリンは、これまでのマンデリンに対する固定観念をぶっ壊すような衝撃を持っています。特に基本的に高品質なマンデリンの一部では、それが強く感じられます。

冒険心をもって、面白いコーヒーを飲んでみたくないですか?

コーヒー豆の情報

  • 名称:マンデリン・ラスナ
  • 産地:シディカラン、インドネシア
  • 精製:ナチュラル
  • 今回の焙煎:ミディアム

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。