コーヒーをもっと趣味に

エメラルドマウンテン(中深煎り)

エメラルドマウンテン(中深煎り)

エメラルドマウンテンの「中深煎り」についてご紹介。おそらく多くの方が飲まれているエメラルドマウンテンは、この中深煎りのエメマンだと思います。

しかし、風味を味わうことなくただ飲んでいるだけでは、少しもったいないです。これから、エメマンこと「エメラルドマウンテン(中深煎り)」についてお話しさせていただきます。

「エメラルドマウンテン(中深煎り)」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:フルシティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    優しく香ばしいカカオに近い香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    お香のような落ち着きがあり、深く芳醇な香り

風味

  • 甘みとコクがあり芳醇なテイスト
  • 深みのある風味なのに、とても飲みやすい

こんな時にオススメ

  • ゆったり落ち着きたい時に
  • 自分へのご褒美に
  • チョコレートのお供に

ペーパードリップ

中深煎りのエメマンをペーパーフィルターで淹れると、ゆったり滑らかな口当たりから甘味と深みが感じられます。カラメルの焦げた部分に近い風味がします。その焦げたカラメルの風味は、柔らかな酸味を伴って、芳醇で奥行きを持った風味に変化していきます。

そして余韻として、華やかさをほのかに感じさせつつ落ち着かせてくれるアフターテイストを感じることができます。

中煎りのエメラルドマウンテンと比べると、華やかさや明るさは弱めです。しかしそこに、大人の落ち着きを見出すことができるコーヒーです。

中温~少し高めが良いかも?

「落ち着いた大人のエメマンを楽しみたい!」という方は、若干高めの温度のお湯で抽出するとよいでしょう。そうすることでコクが引き出されて、深みの増したコーヒーに仕上がります。

およそ85℃前後で、中深煎りのエメマンを抽出してみてはいかがでしょうか。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:85℃前後

ネルドリップ

エメマン中深煎りのネルドリップは、落ち着きのある口当たりから、深く深く広がる風味が特徴的です。若干感じるスモーキーさは甘味に優しく包まれ、コクは複雑な繊細さを持っています。

その複雑な深みに反して、コーヒーそのものはクリーンさがあります。そのため余韻ではむしろ、繊細さが透明感とは対照的に目立って、ゆるゆると余韻まで長く尾を引く様を堪能できます。カカオ90%程度のチョコレートに風味が近く、どこまでも深奥な印象です。

他の抽出方法に比べて、リッチで落ち着きのある紳士的な風合いのコーヒーです。

高温がオススメ

ネルドリップの柔らかいテイストは苦みなど刺激を和らげてくれます。そのため高温で抽出すると、ほろ苦い絶妙な具合のコーヒーに仕上がります。しかもそれだけではなく、エメマン特有の豊かな深みが出てくれます。およそ90℃近くで抽出するのがオススメです。

病みつきになりそうな、深みとほろ苦さを味わってみてはいかがでしょうか。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:90℃前後

フレンチプレス

柔らかな口当たりから、ふくよかなコクが広がりを見せます。ドリップと比べて、かなり豊かな風味です。立体感にコク・酸味・甘味が緻密に織り合い、濃厚なカカオのようなコーヒーです。

この緻密な複雑さは、余韻においてフワフワと漂います。どこかヴィンテージ・ウィスキーのような趣があり、深煎りのエメラルドマウンテンの醍醐味かもしれません。

エメラルドマウンテンの繊細さが好みの方に、ぜひオススメしたい淹れ方です。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

モカエキスプレス

濃厚で繊細なコクと苦みが特徴的です。しかし繊細さに対して丸みがあり、また後味がスッキリしているため、しつこくなく飲みやすいコーヒーです。

砂糖との相性は良く、とりわけ黒砂糖などコクのある砂糖を混ぜるとオススメです。一方でミルクとの相性は美味しいのですが、丸みが強すぎて個性さには欠けている印象です。

「エメラルドマウンテン(中深煎り)」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:とても良い
  • 砂糖 :良い

チョコレートが合うコーヒー

このコーヒーの深いテイストは、チョコレートとの相性が抜群です。とりわけカカオ70%以上の苦みのあるチョコレートが特によく合います。

また、コーヒーはブラックがオススメです。ドリップのブラックは、ほろ苦さが良いアクセントになります。フレンチプレスで入れた場合、繊細な風味とチョコレートが織りなす雰囲気を楽しめます。少し奮発してエメマンと高級チョコレートで、至福のひと時を過ごしてみませんか

中深煎りのエメマンで落ち着いた時間

中深煎りのエメラルドマウンテンは、中煎りのものに比べて深い味わいが特徴的です。そのため明るさはなく落ち着いたジェントルマンな雰囲気を楽しむことができます。少し落ち着きたい時や大人の気分に浸りたい時に、飲んでみてはいかがでしょうか?

同じ銘柄のコーヒー豆を、焙煎ごとに飲み比べてみるのも一つの楽しみ方ですね。

コーヒー豆の情報

  • 名称:エメラルドマウンテン
  • 産地:コロンビア
  • 精製:ウォッシュド(水洗式)
  • 今回の焙煎:フルシティロースト
  • エメラルドマウンテンHP
    http://emeraldmountain.jp/

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。