コーヒーをもっと趣味に

濃厚ミルク×カフェオレの関係とおすすめの飲み方

濃厚ミルク×カフェオレの関係とおすすめの飲み方

カフェオレというと、濃厚なミルクでまったり仕上げたい方も多いのではないでしょうか?あるいは飲みやすさを求めて、濃厚なミルクを好む方も多いでしょう。

そこで、ここでは通常の牛乳より濃厚なミルクを用いたカフェオレについて、コーヒーとの相性や、オススメのアレンジについてご紹介していきます。

濃厚なミルクとそのメリット

濃厚なミルクといっても様々な種類があります。一例を挙げると

  • ジャージー牛
  • 調整牛乳
  • 乳飲料

などが代表的でしょう。

これら濃厚なミルクは、乳脂肪分の高いものがほとんどです。そのため風味が濃厚というだけでなく、丸みを帯びていて穏やかなテイストが特徴です。そしてこの丸みが、様々なメリットをもたらしてくれるのです。

まろやかなカフェオレに仕上がる

低脂肪乳と比べると一目瞭然ですが、濃厚なミルクはカフェオレをまったりしたテイストに仕上げてくれます。そのためホッと一息つきたいなという時に相性の良いミルクです。

また後ほどお話しますが、濃厚な風味のコーヒーとの相性に優れ、濃厚なカフェオレを作りたいときにもオススメのミルクです。

苦みを優しく包み込む

乳脂肪分が持つ濃厚さは、苦みを優しく包み込んでくれるのです。そのため牛乳と比べ、刺激が少なく飲みやすいカフェオレに仕上がります。特にイタリアンローストなど深煎りのコーヒーを用いると、スモーキーさえ残しつつ、深みを持ったカフェオレに仕上がります。

濃厚なミルクのデメリット

重みがある

濃厚なミルクの大きなデメリットが、重みです。この重みは、重厚な風味を醸し出してくれる反面、何杯も飲むと胃が重くなることが多々あります。

そのため胃もたれが気になる方、あるいはケーキなど重いお菓子を食べるときには、気を付けた方が良いでしょう。

コーヒーの個性が消えやすい

先ほどメリットとして、「苦みなどを優しく包み込んでくれる」とお話ししました。しかしこれはデメリットでもあります。それは銘柄によって味わえる個性まで包み込んでしまう恐れがあることです。

例えば苦みの他に、スパイシーさなどの刺激的な個性は弱まってしまいます。また個性的なコクは、ミルクのコクに飲み込まれることもあります。そのためコーヒー豆の選び方には、注意を払う必要があります。

濃いコーヒーとの相性

《今回の豆と器具》

  • コーヒー豆:エメラルドマウンテン(フレンチロースト)
  • 抽出器具 :モカエキスプレス

想像が容易ですが、濃いコーヒーとの相性はもちろん良いです。

コーヒーとミルクの双方が持つコクの濃さ・まったりさの融合を堪能することができます。完成するカフェオレは重みのあるものに仕上がりますが、生クリームほどではなく、程よい飲みやすさも併せ持っています。

深煎りコーヒーとの相性

イタリアンローストやフレンチローストなど深煎りのコーヒーに、よく濃厚なミルクが用いられます。これは濃厚なミルクのテイストが、苦みを優しく包み込んでくれるからです。

さらに苦みを消しつつも、スモーキーさや深いコクを残してくれるため、深煎りコーヒーとの相性は抜群に良いです。

ミルクの入れすぎに注意!

濃厚なミルクは、その濃さがコーヒーの風味を打ち消してしまうことがあります。そのためミルクの分量が多すぎると、カフェオレではなく「コーヒー風味のミルク」になってしまうことがあります。

カフェオレの場合、比率は「コーヒー:ミルク=5:5~7:3」がオススメです。

穏やかなコーヒーとの相性

《今回の豆と器具》

  • コーヒー豆:ニカラグア・ペラルタ(ハイロースト)
  • 抽出器具 :ペーパードリップ(1杯あたり12g、80℃で抽出)

かなりミルキーなテイストのコーヒーに仕上がります。

穏やかなコーヒーの風味は、ミルクによって消されている印象です。しかしその恩恵として、ミルクの特性を存分に活かしたカフェオレを存分に堪能することが出来ます。

のんびりしたい時にオススメのカフェオレです。

ミルク多めがオススメ

ミルクの特徴が最も出てくるので、ミルクは多めに混ぜてミルク主体のカフェオレに仕上げるのが良いでしょう。特にジャージー牛のミルクなどは、ふんだんに用いてミルクの風味を出してあげましょう。

およそ「コーヒー:ミルク=5:5~7:3」がオススメです。

明るいコーヒーとの相性

《今回の豆と器具》

  • コーヒー豆:イルガチェフェ・ナチュラル(ミディアムロースト)
  • 抽出器具 :フレンチプレス

ミルクのコクを残しつつ、後味がサッパリしているカフェオレに仕上がります。若干違和感を覚える方もいるかもしれませんが、面白いカフェオレに仕上がります。

酸味の強いコーヒーは避けよう

酸味が強いコーヒー(イルガチェフェなど)は、注意が必要です。特に浅めの焙煎は鮮烈な酸味が出やすいため、濃厚なミルクとは水と油の関係です。濃厚で柔らかい口当たりと明るい酸味が矛盾して、バランスの崩れたコーヒーになりがちです。

濃厚なミルクを用いたアレンジ

チョコ・ココアをトッピング

濃厚なミルクを用いたカフェオレと、チョコレートやココアとの相性は抜群です。

最もスタンダードなアレンジでは、カフェモカ(モカジャバ)を作ってみてはいかがでしょうか?濃厚なチョコレートと濃厚なミルクは、とても良くマッチします。

またココアパウダーをトッピングしてみるのも、一つの方法です。泡立てたフォームドミルクに乗せると、お洒落なカフェオレの完成です。

より濃厚に仕上げる

濃厚なカフェオレを飲みたいときは、より濃厚に仕上げて飲みたいものです。そこでひと手間加えて、濃厚なミルクを活かしたアレンジコーヒーを満喫してみてはいかがでしょうか?

  • カフェクレーム
    フォームドミルク(泡立てたミルク)を加えたカフェオレ。
  • カイザー・メランジェ(画像のもの)
    カフェオレに卵黄と砂糖を加えて泡立てる。
  • バターミルクコーヒー
    詳しくはこちらのリンクよりどうぞ。

バターミルクコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

その他にも、蜂蜜・メープル・キャラメル・ヘーゼルナッツなどのシロップ、あるいはバニラエッセンスを加えてみるのもオススメです。

ポイントは、濃厚をどう活かすか?

濃厚なミルクは、ほかのミルクと比べてミルクそのものの主張が強いものです。そのためポイントとなってくるのは「濃厚なテイストを、どのように活かすか」という点です。

ミルクの味を活かすのか、あるいはコクを引き出すのかは、コーヒーの選び方やアレンジ次第です。

自分なりに調整・アレンジをして好みのカフェオレを作ってみてはいかがでしょうか?

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。