コーヒーをもっと趣味に

純然たる「ハワイ・コナ」

純然たる「ハワイ・コナ」

高級豆として知られる「ハワイ・コナ」をご紹介。中高年の方を中心に“高級コーヒー=コナ”のイメージが強いかもしれません。一方で、飲んだことがある方は“値段の割に美味しくはない”と感じた方もいるのではないでしょうか?

しかし「本当のハワイ・コナ」は美味しいのです。そこで今回はUCCさんの直営農園で作られた、純正品のコナをご紹介します。

「ハワイ・コナ」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:中煎り

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    甘酸っぱさと爽やかさを持った、瑞々しい香り
  • アロマ(コーヒーの香り)

風味

  • クセがなく飲みやすい
  • 端正な酸味と穏やかな甘さ

こんな時にオススメ

  • 自分へのご褒美
  • 優雅なコーヒーブレークに

ペーパードリップ:爽やか×飲みやすさ

ハワイ・コナは一言でいうと、クセや苦みがなく飲みやすいコーヒーです。

フレーバーが爽やかな一方で、口当たりの柔らかさがあります。爽やかさが甘さに包まれることで、イルガチェフェのように個性が強調されるわけでもなく、とても飲みやすいです。

酸味も甘さに抑えられつつも程よく効いています。そして何よりも透明感が印象的です。この酸味や透明感に加えて、ペーパードリップの特徴も相まって、スッキリ爽やかなコーヒーに仕上がっています。そのため余韻は瑞々しく、スッと綺麗に消えていきます。

クセもなく透明で、高価格に見合う上品さを持っています。

温度は低めがオススメ

コナコーヒーは、甘く爽やかなテイストですので、高温での抽出にはあまり向いていません。温度はおよそ70~80℃前後がオススメです。

注ぎ方は、甘さを引き出したい時には、お湯を細く注いでじっくり抽出すると良いでしょう。対してハワイらしく爽やかに飲みたい時は、太めのお湯でサッと抽出するとスッキリ飲めるコーヒーに仕上がります。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:70~80℃

ネルドリップ:甘さ×飲みやすさ

甘みが強調されるため、さほど酸味は感じられません。甘いハーブティーやスモモといった印象のテイストです。苦みという言葉が一言も出ないくらい飲みやすいため、苦手な方でも簡単に飲めるコーヒーです。

余韻は爽やかさと緩やかさが入り混じっていて、スルスルとぼやけるように消えていきます。

甘みが好みの方は、マニアックな抽出方法ですがネルドリップがオススメです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:70~80℃

フレンチプレス:朧げの良さ

ドリップコーヒーに比べると、柔らかく不透明な口当たりで、一言でいうと「朧げ」なテイストです。

しかし個性が消えているという意味ではなく、その朧げな緩さがフレンチプレスで抽出する良さです。酸味は抑えられつつも効いていて、甘みは感じられつつも主張は強くないといった感触です。

花の蜜のような甘いフレーバーに、酸味の爽やかさ、そしてスッキリしつつも緩い余韻は、ゆるりと寛ぎたい時にオススメです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

「ハワイ・コナ」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:あまり合わない
  • 砂糖 :ほどほど

コナで作る、水出しコーヒー。

コナのような酸味系の銘柄は、通常アイスコーヒーに用いることは敬遠されがちです。しかし水出しコーヒーは、コナの甘みを引き出して爽やかに仕上げてくれるので、意外とオススメの淹れ方なのです。

風味は濃くなく爽やかで、ほんのり感じられる甘みがたまりません。氷なしで飲むことで、キンキンに冷えたアイスコーヒーと異なり、ゆったり味わうことができます。

そして何より、作り方が簡単なのです!

≪水出しコーヒー(コナ)の作り方≫

  1. 一杯(120ml)あたり7~8gのコーヒー粉をサーバーに入れます
  2. 杯数分の冷水をサーバーに入れて、粉とよく混ぜます。
  3. 冷蔵庫で2~3時間ほど置きます。
    ※長時間放置するとエグ味が出るので注意!!
  4. ステンレスフィルターやネルで粉を濾します。
    ※ペーパーフィルターは目詰まりするので注意!!
  5. 薄まらないように、“氷なし”でグラスにサーブして出来上がりです。

ドリップのような技術を必要としないので、誰でも簡単にできます。ぜひコナを買ったときは試してみて下さい。爽やかさと甘さが、この上なく心地よいですよ。

本当は美味しい「ハワイ・コナ」

コナを飲んだ方の中には、「コナは不味い」という人がいます。しかしそれは粗悪品を飲んでしまったためであり、本当のコナを飲んだことがないからです。少し高くても、大企業や信頼の置ける専門店で買うと、本物のコナを飲むことが出来ます。

しっかり選ぶことが、美味しいコナを飲むための最重要事項なのです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:UCCハワイ・コナ
  • 産地:コナ地区、ハワイ島、ハワイ州、アメリカ合衆国。
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:中煎り
  • UCCハワイ・コナ公式サイト:http://www.ucc.co.jp/hawaii/

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。