コーヒーをもっと趣味に

重厚・凝縮な「ケニア:マサイAA」

重厚・凝縮な「ケニア:マサイAA」

ケニアといえば、強い酸味を持つコーヒーが多く、エチオピアと並んで酸味系コーヒーの代表的な産地です。そんな中から今回は、「マサイAA」というコーヒーをご紹介します。

マサイAAの持つ強烈な風味は、ケニアらしさを超えたインパクトのあるコーヒーです。どのようなコーヒーなのでしょうか?

「マサイAA」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:フルシティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    風味に比べて爽やかで、酸っぱいトロピカルフルーツのような香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    デーツやプルーンのような重厚さとフルーティーさで、若干キャラメルっぽい。

風味

  • 甘みと酸味がかなり強い
  • 重厚で密度のあるコーヒー

こんな時にオススメ

  • 飲み応えのあるコーヒーを探しているとき
  • ストロングなコーヒーを飲みたい時に

ペーパードリップ:甘みと酸味

マサイは、ケニア産コーヒーの中でもズバ抜けて重厚で、凝縮されているような味わいです。ケニアというと、ガツンッ‼と来る酸味を持つコーヒーが多いですが、また違う衝撃があります。

もちろん酸味も強いのですが、それを超える甘みと土台にあるコクが、非常に特徴的です。口当たりは一瞬優しいのですが、すぐさまカシスのような重みのある酸味が押し寄せてきます。

そして酸味と同時に強い甘みを感じることができます。この甘みは滑らかで、またチョコレートのようなコクに下支えされています。そのためブリュレの焦げたカラメルソースのような感覚がします。そして余韻はカラメル感をほんのり残しつつ、重厚なコクがメインです。

中低温がオススメ

マサイAAの酸味と甘みを引き出すには、中低温(75~80℃)がオススメです。

特に注意したい点が、マサイAAは中低温でもコーヒーがストロングに仕上がります。ですので高温で抽出すると、主張の強すぎるコーヒーになりかねないので、お気を付けください。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:75~80℃

ネルドリップ:落ち着いた甘み

ペーパードリップと比べるとカシス感は薄れ、丸みを持った味わいに仕上がります。

しかしそれでも味の濃厚さは健全で、コクと甘みが強く感じられます。カカオ豆に近い深いコクと円やかさがあり、それを包むようにカラメル感たっぷりの甘みを感じられるので、ペーパードリップより多少飲みやすさがあります。

余韻はネル特有の柔らかみのために、コクは落ち着きがあり、カラメル感の残余を心地よく堪能することができます。

甘みが好きなら「ネル>ペーパー」

ネルドリップはペーパードリップより、カラメルらしさが強く感じられます。そのため甘みが好みの方や、落ち着きたいという方には、ネルドリップがオススメです。

また抽出温度に関しては、酸味の刺激が和らぐため80度前後でも美味しくいただけます。むしろ中温で淹れることで、コクを引き出してみるのも良いかもしれません。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き~中粗挽き
  • 抽出温度:80℃前後

フレンチプレス:爽快さと甘み

コーヒー豆そのものが強い味を持つため、フレンチプレスでも十分な飲み応えがあります。

重みの主成分であるコクが弱いため、ケニアらしいワイルドで強い酸味系のコーヒーに仕上がっています。しかし酸味の中に強烈な甘みを秘めていて、ほかのケニアコーヒーとは一線を画している面白さを持っています。

また酸味は余韻に至っても強く、甘みが消えた後は爽快で強い酸味の独擅場と化しています。

ドリップコーヒーと比べてみると、異なるタイプの飲み応え抜群が楽しめるので、ぜひ試してもらいたいところです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

モカエキスプレス:強すぎる味

モカエキスプレスは、エスプレッソ同様に濃いコーヒーを抽出します。そのためただでさえ強い味を持つマサイは、深めのフルシティローストでも、尖がったコーヒーに仕上がっています。

酸味はエグ味のような飲みづらいものになっていて、また苦みや甘みに対して独り勝ちの状態になっています。マサイAAは強い味わいが故に、モカエキスプレスとの相性があまり良くない印象です。

「マサイAA」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:あまり良くない
  • 砂糖 :ほどほど

ドリップとフレンチプレスで飲み比べてみよう

マサイAAはインパクトのある味わいですが、ドリップとフレンチプレスでは異なるインパクトを持っています。もし時間があるのであれば、両方で抽出したコーヒーを用意して、飲み比べてみてください。コーヒーの面白みを体感することができます。

鮮烈さが面白い「マサイAA」

ケニアのストロングなコーヒーの中でも、他とは一線を画した個性を持っている「マサイAA」は、コーヒーに新たな発見を求めている方にオススメです。毎日飲んでいるコーヒーに飽き飽きした方に、ぜひ飲んでもらいたい銘柄です。

コーヒー豆の情報

  • 名称:マサイAA
  • 産地:ケニア
  • 精製:ウォッシュド
  • 今回の焙煎:フルシティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。