コーヒーをもっと趣味に

黄金のモカ【イエメン:バニーマタル】

黄金のモカ【イエメン:バニーマタル】

イエメン産のコーヒー豆というと、「モカマタリ」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。そんなモカマタリの中で、最も良質な産地とされるバニーマタル地方のモカをご紹介します。

「バニーマタル」は、こんなコーヒー

  • オススメの焙煎:ハイ~フルシティ

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    甘みと深みによる、どこか蜂蜜のような複雑な香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    ジャスミンのような、甘くフローラルな香り

風味

  • 深みと甘みと複雑さのモカフレーバーが心地よい
  • 独特なのに、どこか飲みやすいコーヒー

こんな時にオススメ

  • 夜に飲むコーヒーに
  • モカが好きな方に
  • 思索に耽りたい時に

抽出前に、ハンドピッキングを!

イエメン産のモカの特徴として、貝殻豆を中心とした欠点豆の混入が多い点が挙げられます。これはイエメン産モカの特徴でもあります。

イエメンでは、コーヒー豆の精製(果実から豆を取り出す過程)において、古来の伝統的な方法を用います。結果、先進的な機械を用いたコーヒー豆と比べて、欠点豆の混入率が高くなってしまうのです。

そのため、欠点豆を取り除く「ハンドピッキング」を行うことを、強くオススメします。面倒かもしれませんが、この伝統こそがイエメンの味を作る大きな要因です。そこは美味しさのために我慢しましょう。

ペーパードリップ:温度で変わる面白いコーヒー

中高温(85℃):不思議なバランス

瞬間的にモカの独特なコクが、襲い掛かるように立体的に感じられます。酸味は程よく抑えられていて、苦みも程よく感じられます。これらの程よい味がコクをさらに豊かにしていますが、余韻は爽やかで、モカらしさを存分に感じられます。

「キャラメル×ブランデー×ダークエール」を掛け合わせたような、何とも言えない複雑怪奇な風味です。それでいて、なぜか飲みやすい不思議なバランスが、とても面白いコーヒーです。

低温(78℃):モヤモヤ感が醍醐味

フレーバーは、モカ独特の甘みとコクをベースに、酸味を感じることができます。コクは重みがある安定感であるのに対して、酸味は爽やかで活き活きしている印象です。余韻はフレーバーと味は変わらず、独特な風味に反して率直が感じられます。

活発な酸味と穏やかなコク・独特な風味と率直さ、この二つのモヤモヤ感が最大の個性で醍醐味でしょう。しかしこのモヤモヤ感は、人によって好みが分かれそうです。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり13g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:75℃~87℃
    温度によって様々なフレーバーが生まれるため、好みの温度を探してみてください!

ステンレスフィルター:これぞモカという余韻

コクの奥深いモカフレーバーの中に、爽やかな酸味を感じることができます。ペーパードリップとネルドリップの中間のような味わいです。モカ独特の個性はペーパードリップに近く、ネルのように滑らかな風味です。

余韻は深くも爽やかで、「これぞモカ」という印象を受ける、とても面白い余韻です。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:80℃

ネルドリップ(85℃):ネルに合うモカ

コクの深みと甘みが、ネルによってさらに引き立てられています。そこに爽やかさも相まって、特有のモカフレーバーはバランスが良く、余韻まで心地よく感じられます。またマイルドさが安定感を生んでいるため、数ある抽出方法の中では最も飲みやすいです。

コーヒーの味とネルの特徴が最も引き出されていて、ネルドリップに最もオススメしたいコーヒー豆の一つです。

中高温がオススメ

ネルドリップは味に柔らかみがでる特徴があります。そのため、敢えて中高温のお湯で強めに味を出しても、比較的飲みやすく仕上がります。柔らかさの中にモカフレーバーが際立っていて、モカらしさが上手く引き出せている印象です。

低温での抽出も美味しいのですが、モヤモヤ感に柔らかさが加わった味になります。そのため多少もたついたコーヒーで、あまりオススメできません。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり13g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中粗挽き
  • 抽出温度:80~87℃

フレンチプレス:栗のような芳醇さと柔らかさ

酸味とコクは抑えられ、甘みが際立ったコーヒーに仕上がります。

その甘みとコーヒーオイルの滑らかさが、モカフレーバーを柔らかく包み込んでいるようで、どこか栗やマカダミアナッツのような印象です。余韻は滑らかさに加えて特有の爽やかさが、綺麗にフェードアウトしてくれます。

モカらしさという点では、少し欠けていることは否めません。しかし飲みやすさと穏やかさの点では、決して見逃すことのできないコーヒーです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:4分00秒

ブラックで飲みたいバニーマタル

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:高温はGOOD、低温はほどほど
  • 砂糖 :GOOD

香りを数滴・スパイス少々

バニーマタル最大の武器であるモカフレーバーを活かすには、どうすれば良いでしょうか?それは「風味を引き立てる」ことです。

芳醇な風味を引き立てたい方は、数滴ウィスキーやブランデーを加えてみてください。アラビアンな異国情緒に浸りたい方は、カルダモンやシナモンを少々加えてみてください。

モカフレーバーが活かされたコーヒーに仕上がります。

バニーマタルで豊かな時間を

数あるモカマタリの中でもバニーマタルは、最高峰と称えられることの多いです。それはモカマタリの由来になったことからも、垣間見ることができます。

イエメンのモカを堪能したいのであれば、バニーマタルはうってつけのコーヒー豆です。モカフレーバーを存分に楽しんでみませんか?

コーヒー豆の情報

  • 名称:バニーマタル
  • 産地:バニーマタル地域、イエメン
  • 精製:ナチュラル
  • 今回の焙煎:ハイロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。